FC2ブログ

11月07日 - Roland JC-90 - メンテナンス

Amp Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_8931.jpg


Roland JC-90


IMG_8932.jpg


97年に発表されたJC-90も既に20年物。

10インチ2発 80Wの出力はJC-120よりも小型で搬入しやすく、小さな会場でも十分なサイズのアンプでした。

今回はJCに多い、出力が不安定でノイズが多いという症状。
20年経てば劣化してくるパーツは沢山ありますよ。


IMG_8933.jpg

この年代のJCはプラスティック素材が脆いケースも多々みられます。

衝撃で割れた場合でも、割れた個所をチェックすると、細かな亀裂が沢山入っている事があります。

今回もジャックが折れていたので交換しました。


IMG_8934.jpg

IMG_8935.jpg

電源部、リバーブ部、コーラス部の基盤も全てチェック。
劣化パーツは交換致しました。

IMG_8936.jpg

片側だけ波形がおかしく、最後まで見つけにくかった 焼けた抵抗。


IMG_8937.jpg


ライブハウス、スタジオ、軽音楽部などにあるJCで、ボリュームを5以上あげないと聞こえない・音量が足りないJCは、ヘタっているかもしれません。

コンディションの良いJCの場合、通常のバンドアンサンブルならボリュームは3~5で十分なはず。

少しでもパワーが落ちてきたな?
とかノイズが多くなってきたな?
と感じたらメンテナンスの時期です。


RokandのJCシリーズ、ギターアンプ などの修理、メンテナンス、改造 等は 是非ご相談下さい。


メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。







FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント