FC2ブログ

10月24日 - Fender American Deluxe ST -ナット交換

Guitar Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_9920_20181024101931d17.jpg

Fender American Deluxe ST


IMG_9921_2018102410193379f.jpg

皆さんナットを交換したことありますか?

純正で使用されているナットの素材はプラスティックなどの樹脂系のものが多く、滑りはいいのですが溝が減りやすいです。

またギターによっては樹脂ナットを接着剤でがっちり固定してある物も多く、ネック材への接点面積が少なく振動を殺しているケースも多いです。

また、ギター購入時から弦のゲージを太くした場合などは、ナットの溝が徐々に広くなり、高さが低くなっている、軋み音・鳴きが生じているケースもとても多いです。


ローフレットでビビりが多い、チューニングが安定しない、サスティンがすぐ無くなる、などの症状がある場合はナットの交換をお勧めします。

IMG_9922_20181024101934d93.jpg

今回はナットが無くなってしまったので作り直して欲しいというケース。

IMG_9923_201810241019368ff.jpg

先ずは溝の底面に残った接着剤を取り除きます。

これだけ接着剤の厚みが残っているということは、底面がぴったりくっついていなかった証拠。

IMG_9924_201810241019370cd.jpg

新しいナットがぴったり収まるように、綺麗に仕上げます。


IMG_9928_2018102410193950d.jpg

今回は牛骨オイルナットを使用。

IMG_9929_2018102410194064d.jpg

IMG_9930_201810241019421eb.jpg





エレキギター、ベース、アコギ などのナット交換、 などは 是非ご相談下さい。


メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。







FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント