FC2ブログ

10月22日 - GIBSON J-200 - L.R.Baggs Anthem ピックアップ交換

Guitar Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_7865.jpg


GIBSON J-200


IMG_7867_20181022110411eca.jpg

当店でのアコギのピックアップの取り付け・交換で、一番人気のメーカーは 断トツでL.R.Baggsです。

マグネットタイプだとM1、ピエゾだとIbeamかElement、ハイブリッドだと今回取り付けする Anthemですね。

アコギのピックアップの選び方は、一に自分のスタイルに合わせる事。

生鳴りばかりに拘ってオケに馴染まないより、ピエゾでしっかりバランス良いサウンドを拾ったほうがいい場合もあります。

弾き語りの場合は、繊細にピッキングのタッチ・ダイナミクスを拾うピックアップより、ピークにクセのある、少しコンプレッションが掛かるようなピックアップのほうが歌と馴染んだりもします。

先ずは、現在どんな鳴り方をするギターなのか?
今のピックアップとの相性は?
これをチェックしてみて下さい。

IMG_7868_20181022110412ebd.jpg

IMG_7870.jpg

今回お預かりしたJ-200には、SchertlerのBluestick がついていました。

IMG_7871_20181022110417ea6.jpg

特徴のあるピエゾ部。

IMG_7872.jpg

今回は L.R.Baggs製の Anthemへ交換。

IMG_7873.jpg

Anthemはいわゆる、ハイブリッドタイプと呼ばれるピックアップで、ピエゾとマイクをブレンドして出力する事が出来るタイプです。


お持ちのギターの大きさ、材質、弦の種類、鳴り、などに加え、ピエゾ素子の違いによるクセ、コンデンサマイクのクセ、それぞれのプリアンプの特徴、D.I・・・などの複数要素が合わさる事で、PAから出るアコギのサウンドが作られます。

IMG_7874.jpg

マイクはサドルの真下に取り付け、ボディ内の空気感のある箱鳴りを拾います。

IMG_7875_20181022110423c75.jpg

サウンドホールの淵にプリアンプのコントロール部を設置し、ボリューム、ピエゾ/マイクのブレンド、位相スイッチなどが制御出来ます。

IMG_7876_201810221104507e8.jpg


ピックアップはマイクなので、自分の声(ギター)にとって向き不向きがありますよ。

悩んでいる方は店舗へご相談下さい。



アコギ、ウクレレなどへのピックアップ取り付け、交換、 などは 是非ご相談下さい。


メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。







FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント