FC2ブログ

10月19日 - Morris KM-90E - ネックひび

Guitar Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_8095.jpg

Morris KM-90E


IMG_8097_201810191020559fb.jpg


モーリスのアコギ。


IMG_8101_2018101910205704f.jpg

ネックにヒビが入っています。

ボリュートが無ければ折れていた感じです。
接着だけでもいけそうですが、ボリュート周りを囲むようにヒビがあるので補強を入れる事にしました。

IMG_8103.jpg

埋め木を入れる為、ボリュート両サイドをルーターで削ります。
横から見たらボリュートの下に亀裂がありました。


IMG_8104.jpg

今回はローズの木片を入れる事にします。


IMG_8105.jpg

IMG_8107.jpg

仮入れをしながら何度も削り直して、ぴったり納めます。

IMG_8108.jpg

その後クランプ接着。

IMG_8109.jpg


IMG_8111.jpg

埋め木跡を塗りつぶすので、一旦ヘッド裏の塗装を剥がしました。


IMG_8111.jpg

目止めをしながら木地着色していきます。


IMG_8112.jpg

黒っぽく見えますが、濃いブラウンを重ねバースト仕上げを行いました。

IMG_8114.jpg

IMG_8116.jpg

IMG_8117.jpg

ナットも欠けていたので新しく作り直します。

IMG_8118.jpg

ナットの底面をネック側とぴったり合うように何度も何度も研磨して合わせます。

ここがぴったり接地しているナットの場合、弦振動が全然違います。

IMG_8119.jpg

IMG_8120.jpg

ブレーシングに浮きがあったので接着、クランプしました。

IMG_8120.jpg


ネックひび・折れの修理には「絶対」が無いのでいつも悩みます。
超音波探傷器があれば、内部の亀裂の深さや長さが分かるので処置がもっとピンポイントに出来るのですが、べらぼうに高いです。(笑)

お店のお客様で整形外科の先生がいらっしゃるのですが、いつもお店に来ると自分の修理ギターはそっちのけで、お店の道具をチェックしたり、あれやこれや質問されます。

反対に先生から聞く身体部位の重量バランスと病気についてなどは、とても参考になったりします。

先生に「ギターをレントゲンで撮影したら、内部亀裂が分かりますか?」と聞いてみたけど、病院のレントゲンでは木材はほとんど写らないかも、とおっしゃってました。
一度やってみたいですね。


ギター、ベースの折れ、ヒビ、クラック などは 是非ご相談下さい。


メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。







FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント