FC2ブログ

10月17日 - GIBSON Les Paul Studio - ポット交換

Guitar Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_7835.jpg

GIBSON Les Paul Studio

IMG_7837.jpg


楽器の程度や品質や特徴を表すのに年代で区切ったりしますよね。
その時期その時期のメーカーの立ち位置や方針、経営状態、時代に合ったサウンド傾向によって、デザインや製造方法が異なってきます。

当然原材料、設計、工程が変われば、音も変わってくるわけで、これに年月を重ねたエイジングが加わる事でオールドな音質になったりします。

80年代の終わり頃に「オールドの楽器は音が良い」との認識を知った頃、その当時のオールドは50年代、60年代の製品を指していました。

当時はまだ59年のレスポールが100万~200万だった時代!!


50年代、60年代の製品は人気でしたが、70年代の物は余り人気がありませんでした。
あれから、90年代、2000年代、2010年代に突入し、もうすぐ2020年代。

90年代に発売された製品も、既に25年以上も経っている事になります。
でも価格が高騰していたり人気があるようには見えないですね。
何故なのでしょうか?

色々要因はあると思いますが...

IMG_7838.jpg

レスポールのエントリーモデルが出始めたのも90年代頃な気がします。

それまではレスポールジュニアやレスポールスペシャル、TVなどがありましたね。

それから徐々にクラシックやスタジオが出始めて、コストダウンされた様々なパーツを搭載する事で安いモデルが出回るようになりました。


IMG_7844.jpg

安いエントリーモデルのギターを買ったお客さんに一番質問されるのが、「これをグレードアップするには どのパーツを交換したらいいですか?」というもの。

うーん、ピックアップ、ペグ、ポット、ジャック、スイッチ・・・
木以外は全部交換みたいな(笑)


コストダウンされたパーツで、分かり易い物が このポット周りです。

別工程で予めグラウンドのプレートにポットを取り付けた物を ポン とボディへ組み込み、細い線材で仕上げてあります。


IMG_7845.jpg

このクラスのギターで、持ち込まれる修理内容で多いのが
:ポットのガリ
:ポットが回らなくなった
:ジャックがガリがある
:スイッチが効かない
というのが圧倒的に多いです。

メーカーは問題が起きえるパーツの場所も、購入から問題が起こる凡その期間も、問題の傾向も、全てフィードバックは得ていると思います。

それでも、それらのパーツをグレードアップさせて販売するより、コストを下げる事を選択。
でも実際、この部分のパーツのグレードアップと作業時間(作業コスト)を比べると、ここの工程を極力抑えたくなるのでしょう。




IMG_7848.jpg

NCルーターでくり抜かれたキャビティ部は、底面がかなりガタガタだったりします。

ここに丁寧にポットを配置して、いちいちはんだ処理するよりは、予め出来上がったプレートをはめ込むだけなら、かなりの時間カットになるでしょうね。



今回はポットにガリがあり、総交換したいとの依頼でした。

同時にピックアップやスイッチ、ジャック、配線材を交換する事も可能です。

IMG_7849.jpg


色々考えさせられるリペアでした・・・



ギターのポット、スイッチ交換 などは 是非ご相談下さい。


メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。







FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント