FC2ブログ

09月21日 - Mesa Boogie markIII - チューブ、コンデンサ交換

Amp Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_7723_20180921110109947.jpg

Mesa Boogie markIII


とあるライブハウスのメサブギー。
最近メサの置いてある箱は滅多に無いのですぐ分かりますね^^

毎晩毎晩爆音で鳴らすので出力が不安定でパワーが無い、という症状。


IMG_7724.jpg


店頭で確認してみると最初は少しだけ出力するけど、徐々に音量が下がり
全くパワーの無い音に。

今まで一度もメンテしていないとの事なのでチューブがヘタっているのでは?


IMG_7726.jpg

IMG_7727.jpg

IMG_7728.jpg


チューブテスターで検査してみると見事に3/4本死んでました。

このテスターは簡易式ですが、回路が切れているかどうかは一発で
計測出来るので便利です。


IMG_7729_201809211101168ca.jpg


シャーシ内部をチェックしてみるといくつか劣化パーツが。

IMG_7730_2018092111011814d.jpg


電源部のコンデンサは何故か×のマークが^^
どんな意味だったんでしょうか?

この外装から80年代のコンデンサでしょうね。
多分スプラグで作っていたOEMのよう。


IMG_7731_20180921110119f78.jpg

今回はTube AMp Doctor 通称TADのコンデンサに全て交換。


IMG_7734_20180921110121142.jpg

ヒューズもスローブロー式に交換。

IMG_7735.jpg

チューブは純正の6L6へ。


IMG_7737.jpg

マッチングされた管なのでバイアス調整はいらないのですが、必ず電圧をチェックします。

プリ管も交換し、作業完了。

IMG_7738_20180921110158d94.jpg


メサの基盤は熱に弱いエリアがあります。
markIII、mkIV、mkV、それぞれ弱いエリアがあり、抵抗の焼けに繋がる箇所があります。


小まめにメンテすれば、まだまだ現役バリバリで使えるアンプですね。


ギターアンプ ベースアンプの 修理、メンテナンス、改造等は 是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。









FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント