FC2ブログ

08月31日 - GRECO 70's Les Paul Type - フレット交換、オーバーホール

Guitar Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_7448_20180831113640145.jpg


GRECO 70's Les Paul Type


IMG_7449.jpg

グレコのデタッチャブル式、LPモデル。

IMG_7451.jpg


楽器修理のゴールは壊れた状態を正常に戻す事なので、作業は基本的に非常にシステマティックで機械的です。

但しその”修理”を行う状況に至るまでに、1本1本それぞれのストーリーがあって、持ち主の思い入れと同時に直す側も気持ちが入る事もあります(修理の出来は変わりませんが^^)。

初めて買ったギター、散々弾き倒した10代・20代、仕事が忙しくなって押し入れのどこにしまったのかも忘れていた30代、結婚して子供も大きくなってきた40代、そろそろ人生の後片付けを始めだす50代、いらない物を整理・処分して子供たちに残すものを選別、さて初めて買ったギターはどうしますか?


何十年ぶりに押し入れから出したものの、ネックは曲がり、指板は剥がれ、音も出ないジャンク状態。もし直せるものなら綺麗に戻して子供に残したい。

年々そんな依頼が増えていますが、このギターにも40年分のストーリーがあるようです...


IMG_7452.jpg

フレットはご覧のようにまっ平。

IMG_7453.jpg

問題は指板。

大きく裂けめが入っていました。

スクレーパーを入れると・・・

IMG_7456.jpg

簡単に剥がれてしまいました。

トラスロッドが腐食していて、結晶のようになっていますね。

IMG_7457.jpg

なんとかこの指板を生かして利用するとして、一旦フレットを抜きます。

IMG_7458.jpg

結晶化した段差を取り除き、ベルトサンダーで面を出します。

IMG_7459_20180831113652e5e.jpg

ネック部、指板面共に平面が出たので接着してみます。


IMG_7460.jpg

接着剤を塗って、両端を固定し

IMG_7461.jpg

隙間無くクランプで固定します。


その間にボディのクリーニング。

一旦パーツを外して、研磨後オーバーコートします。(トップ塗装を重ねる事)

IMG_7463.jpg

ネックも研磨した後、再塗装。

IMG_7464.jpg

IMG_7465.jpg

かなり綺麗になりました。


IMG_7466.jpg

指板も問題なさそうなので、フレットを打ちこんでいきます。

ネックジグにかけて、指板のストレートをチェック。

IMG_7467_20180831113841c64.jpg

ストレートに研磨して接着したとはいえ、弦を張ると隙間があります。


IMG_7468_20180831113843a02.jpg

ネックジグの上で研磨します。

IMG_7469_201808311138446f7.jpg

アールを12インチに設定。
スケールに合わせて研磨します。

IMG_7470_201808311138468ed.jpg

ほぼストレートが出ました。

ネックジグにかけている間も、ネックの変動があります。

やはり一度指板が剥がれた状態で何十年も放置されていたので、木に曲がり癖がついていて弦を張ってテンションを掛けると、思ってもみないほうに曲がってきます。

何度か研磨を繰り返しました。


IMG_7471.jpg

フレット溝も一旦切り直し、深さをチェック。

IMG_7472_20180831113939b70.jpg

今回はStewMacのフレットを使用。

IMG_7473_201808311139407ca.jpg

指板のアールに合わせてフレットを曲げます。

IMG_7474_20180831113942e59.jpg

指板にバインディングが巻かれているので、フレットをタングニッパーで成形。

IMG_7475.jpg

22本 切断

IMG_7476.jpg

フレットプレスで打ち込んでいきます。

IMG_7477_20180831113946c10.jpg

プレスを2台使用。

IMG_7478_20180831113948487.jpg

全て打ち終わりました。


IMG_7479_20180831113949dfe.jpg

指板のストレートを確認して

IMG_7480_20180831113951405.jpg

フレット上をストレートに研磨します。

IMG_7481_201808311140201b4.jpg

サイドも仕上げ完了。

IMG_7482.jpg

ポット類も全て交換。

IMG_7483_201808311140238c6.jpg

ナットを作って弦を張り、完了。

IMG_7484_20180831114025c9d.jpg

IMG_7462.jpg

この状態から

IMG_7485_20180831114026da1.jpg

IMG_7486.jpg

バフ、研磨を終えてピカピカになりました。

これなら譲り受けた息子さんも、大事に使ってくれると思います。




ギターやベースの 修理・メンテナンス・リペアは是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。









FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント