FC2ブログ

08月27日 - Roland JC-120 - POT交換 ガリ除去

Amp Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_7439_20180827112332aaf.jpg

Roland JC-120


IMG_7440_201808271123354c5.jpg

ウチに来るアンプ修理の中でも一番多いのがこのローランドJC-120。

マーシャルやフェンダーも多いけど、80年代に発売された固体が30年経って、劣化などによる不具合が多くなっているのだと思います。

ボリュームなどのポットやジャックなどのガリ、出力が不安定になる、音量が上がらない、などのケースが多いです。どれも消耗パーツの劣化が原因ですね。


IMG_7442_201808271123379e8.jpg

アンプには多くのコンデンサが使用されております。


ちなみにコンデンサはドイツ語で、電気をコンデンス(濃縮・凝縮する)という事。
日本以外で言っても、全く通じませんでした^^

片やアメリカやイギリスではキャパシタと呼ばれています。
キャパシティは収容力、収容力・収容するという意味でキャパシタと呼ばれています。

一時的に大量の電気を蓄える事の出来るコンデンサですが、その溜め込む能力の寿命は一般的に、使用環境が105℃の条件下で2000時間といわれています。

毎日2時間使用したとして2.7年、仮にアンプ内部の温度がもう少し低かったとしても10年程度で劣化が始まってきます。

スタジオなどに置かれたJCで30年位前の個体の場合、長時間毎日使用されているので、パワーが無くて音量が不安定だったり...


IMG_7443.jpg


劣化パーツを交換するだけで、まだまだ使えるアンプですね。

メンテナンスのし易さも含めて、長く、多くの人に利用されているアンプな訳ですね。


IMG_7441.jpg

バックパネルを止める耳が朽ち果てていました。

IMG_7444_20180827112340443.jpg

こちらはサービスで修理しておきました。


IMG_7446_20180827112343f1a.jpg

ガリもなくなり、まだまだ現役のサウンド。

IMG_7445_201808271123416e2.jpg



Roland JC の 修理・メンテ・オーバーホール・リペアは是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。









FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント