FC2ブログ

08月24日 - Gibson Les Paul Standard Limited Edition 2004 - フレット交換

Guitar Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_7677_20180824102100883.jpg

Gibson Les Paul Standard


IMG_7679_20180824102101085.jpg

ギブソンのレスポール。

Limited Edition 2004 Santa Fe Sunriseと名付けられた珍しいモデル。


IMG_7680.jpg

フレットがかなり減っていたのでフレット交換の依頼。


IMG_7681_20180824102104bd4.jpg

全体的に楕円の山が平になっています。

IMG_7682.jpg

ネックはかなり順反りでした。

IMG_7683.jpg

フレットを抜いてビックリ。

フレットを抜く際は、指板の面や溝にオイルを塗ってフレットがスムーズに抜けるようにします。

今回はエボニー指板だったのですが、オイルを吸い込まずに指板面に膜が張った状態になりました。

きっとフィンガーイーズなどのシリコン系のスプレーを長期間使用したせいでしょう。


IMG_7684.jpg


フレットも所々浮いており、抜いた後のガタガタも大きかったです。


IMG_7685.jpg

指板の表面にシリコン系のオイル・液体を塗ってしまうと水分を通さなくなるので、全部フレットの溝から水分、オイルなどが入っていきます。

中にはフレットのニッケル素材とオイルとが合わさり腐食しているケースもあります。

フィンガーイーズはあくまで弦を滑らす為のシリコン潤滑剤。必ずクロスに吹きかけ弦に塗布して下さい。

溝にシリコンが入ると指板調整の際に溝を切り直し取り除くことになります。

通常のフレット交換よりもフレットタングの食いつきが悪くなるので、状態の悪い溝は一旦埋め直して再度溝を切る事になります。


IMG_7686.jpg

フレットを全て抜き終わり、一旦ネックジグにセットし弦を張ります。

IMG_7687.jpg

フレットをプレスする前に、指板をストレートにするのですが、弦を張っていない状態ですり合わせをしてしまうと、弦を張った際に指板が順反りになってしまいます。

指板を削るのもフレット表面をすり合わせるのも、弦を張ってテンションを掛けた時と同じ状態にして作業する事で、誤差なくストレートを保ったガタツキのない仕上がりになります。


IMG_7688.jpg

今回はかなりガタツキがあるので80番の番手からスタート。

IMG_7689.jpg

途中、チョークを引いて削りムラをチェックします。


IMG_7690.jpg

指板のアール・ラジアスを12インチに合わせる為、ガイドを当てながらチェック。

IMG_7691_20180824102151c21.jpg

この作業を丁寧に完全なストレートが出るように行う事で、フレットを入れた際に高さの誤差が少なく済みます。


IMG_7692_201808241021539ae.jpg

フレットのサイズはGIBSON系のミディアムジャンボ。

指板ラジアスに合わせて曲げます。

IMG_7693_20180824102154439.jpg

バインディングがある指板の場合、フレットの両端をタングニッパーという工具で切り落とします。

指板エンドには溝が無いのでフレットの足だけカットするのです。


IMG_7694.jpg

フレットは、最初の位置決めの際にハンマーで叩き、その後プレス機で挟み込みます。

IMG_7695_20180824102157ba0.jpg

ハイフレットはクランプ状のプレス機で入れていきます。


IMG_7696_20180824102159498.jpg

隙間無く綺麗に入れ終わりました。

IMG_7697_20180824102200f2e.jpg

再度ネックジグにセットしてフレット上の高さのバラツキを無くします。

IMG_7698_20180824102243fd5.jpg

ストレートを見ながら高さを合わせてすり合わせ。

平になったフレット上面を半円状になるよう専用ファイルで調整。


IMG_7699.jpg

フレットサイドの調整、コンパウンドまで終わった状態。

IMG_7700_201808241022467f5.jpg

フレットを交換して高さが高くなったので、ナットも新しくします。

それぞれのギターのナット溝に合わせて、牛骨を削り出していきます。

IMG_7701_20180824102247b88.jpg

溝の底面、サイドに隙間の無い事を確認します。

接着剤がいらないくらい、少しきつめにセット。

IMG_7702_20180824102249235.jpg

ナットの溝を調整。

IMG_7703_20180824102250012.jpg

続いてコントロール部。

どうしてここまでコストダウンを中途半端にするのか?
現場やギターを使用する人の視点というよりは、会議室で報告書の数字だけ見てる人の判断でしょうか?

ここまで丁寧に時間とお金を掛けたギターなのに、このカバーの中身だけは理解不能ですね。

IMG_7705_20180824102252c10.jpg


なんだか GIBSONが陥落していった要因を見てる気がします・・・


IMG_7706.jpg

上の一体型ユニットになったポット部と、今回のようなポット、コンデンサー、ワイヤリングとでは、一台あたり数千円は違うでしょう。

企業の収益アップを考えたら、コストダウン化もやむを得ないのでしょうね。



なんだか、車も家電もみんな、機能を無視したコスト重視でドライな製品ばかりですね。

ギターももはや工業製品・・・


でも修理や改造でひと手間かけて、グレードや満足度を上げられる分 家電よりもマシかもしれません。


IMG_7707_20180824102255b8e.jpg

IMG_7708.jpg


皆さん店頭に持ち込まれる際に、「本当にこれは良いギターなんだろうか?」っていう不安を口にする方が非常に多いです。

「どうすればもっと良くなりますか?」 「更に良くして下さい」 等々。


リペアやカスタマイズで、間違い無く現状よりは改善します。

但し、持ち込まれるギターやベースのポテンシャルの上限もあるので見極めが難しいのですが。


様々なギター/ベースの悩みを解消できるよう、手助け致します。


ギター、ベース等のフレット交換、すり合わせなどの 修理・リペアは是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。









FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント