FC2ブログ

08月10日 - GIBSON Historic Collection - ピックアップ交換

Guitar Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!


IMG_7772.jpg


GIBSON Historic Collection

IMG_7774.jpg

2000年代に入ってからのヒスコレ。

IMG_7775.jpg

純正のピックアップ Burst Backerも悪くないサウンドなのですが、定番のJazzとJBの組み合わせに変更依頼。

IMG_7776.jpg

ハイフレットに浮き、ガタツキがあったので、ネックジグですり合わせを行います。


IMG_7777.jpg

現状でかなりの順反り。

IMG_7778.jpg

トラスロッドを調整しストレートにしましたが、少し浮きがあります。

これ以上回すと、真ん中が上がってくるので、ここら辺で止めます。

IMG_7782_20180810151512631.jpg

弦を張ってチューニングをして、現状のフレットの高さを計測。

どのフレットのどの辺りが高いのかをポジションテンプに書き込んでいきます。


IMG_7783_20180810151513f32.jpg

弦を張ってチューニングが合った状態が基準。

基準を出した状態でフレットのガタツキをチェックし、そのガタツキを取ります。

ここで弦を外してしまったら、ネックの基準が変わるので、正確なフレットの研磨が出来ません。

必ず、ネックジグを使用してすり合わせを行います。


IMG_7784.jpg

写真のように弦を外してみると、ネックはかなり逆反り気味に曲がります。

さっきあったガタツキも無くなる位。

きちんと弦を張った状態 "基準" を出して調整します。

IMG_7785_2018081015151665e.jpg

まず高い部分のみを部分研磨。

IMG_7786_201808101515479cb.jpg

その後、指板のアールと同じブロックで全体を研磨し

IMG_7788_201808101515480be.jpg

コンパウンドで最終調整。


IMG_7789.jpg

今回はナットも牛骨製に変更しました。

IMG_7790_20180810151551994.jpg

上の写真のようなブロックから、それぞれのナット溝にぴったり合うように削り出します。

接着剤を付けなくてもきっちり収まる位、ぴったりです。
(でも少しだけ付けますけどね^^)

IMG_7791_20180810151553b82.jpg

定番のJazzとJB。

JazzとJBは、どの個体につけても同じようなサウンドになるのではなく、その個体の持つ特徴を引き出すバランスの良いピックアップです。

人によっては面白みの無いサウンドに聞こえるようですが、少し高域がキラキラしていてヌケが良く、今回のレスポールにはクリーンでも全然使えるサウンドになりました。


IMG_7792_20180810151554021.jpg

IMG_7793_20180810151556c68.jpg

IMG_7794_20180810151557fca.jpg

IMG_7796.jpg

IMG_7797_201808101516002ff.jpg

IMG_7798_2018081015162804b.jpg


ピックアップはメーカー発表のスペック、今までのサウンドインプレッションなどの蓄積で大体こんなサウンドになる、というイメージが出来るのですが、それぞれの相性みたいなものは、実際ギターに乗せてみないと分からなかったりします。迷っている方は店頭でご相談下さい。



ギターのピックアップ交換、取り付け、ポット交換などの 修理・リペアは是非ご相談下さい。

メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。









FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント