FC2ブログ

07月13日 - YAMAHA SF700 - フレット交換

Guitar Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_6826_201807131050542f4.jpg

YAMAHA SF700


IMG_6827_201807131050552b9.jpg

1978年発売のヤマハSF700。

30年経っていますが外観は素晴らしいコンディションでした。


IMG_6828_20180713105057023.jpg

フレットはかなり低くなっていたので交換依頼でした。


IMG_6829.jpg

ほぼ指板と同じ高さの場所もありました。

IMG_6830.jpg

ネック冶具にかけて指板の状態を確認します。


IMG_6831.jpg

まずフレットを抜いていきましょう。

IMG_6832.jpg

結構スムーズに抜けました。

IMG_6833_20180713105104324.jpg

ネックも反りがほとんど無く、リフレットの際の指板研磨も少なく済みました。


IMG_6834_2018071310510518d.jpg

ローフレット側が若干高かったのでそこを中心に研磨

IMG_6835_20180713105107f5a.jpg

チョークでマーキングしながら削っていきます。

IMG_6836.jpg

何十年も弾いていなかったギターのフレット交換の際に、指板のアールの形状を前よりフラットにする事も可能です。

今回は12インチに変更。
レスポールと同じ位のアールです。


IMG_6837_20180713105141de6.jpg

アールが決まったらフレットを曲げていきます。

ラジアス値12よりも若干きつめに曲げます。

IMG_6838.jpg

24フレット分切断完了。

打ち込んでいきます。

IMG_6839.jpg

綺麗に調整した指板にフレットをプレスすると、スーッと入っていきます。

IMG_6840.jpg

セットネックのエンド部分はプレスが挟み込めないので、写真のようなハンドプレス機で入れていきます。

IMG_6841.jpg

全て入れ終わった状態。

IMG_6842.jpg

フレットを交換しただけのフレットは、フレット上面の高さが揃っていないので研磨します。


IMG_6843.jpg

研磨、コンパウンドを行い完了。

IMG_6844.jpg

新しいフレットは前より高さがあるので、ナットもフレットの高さに合わせ新調します。


IMG_6845_20180713105153986.jpg

ナットスロットにぴったり合うように加工します。

IMG_6846.jpg

今回は牛骨ナットへ交換しました。


IMG_6847_20180713105221638.jpg

ポットはオリジナルの状態で、30年経つとガリが多かったり回らない物も。


IMG_6848_20180713105222f36.jpg

バーンズ製のポットへ交換しました。


IMG_6849_2018071310522473c.jpg

IMG_6850_201807131052250bb.jpg

IMG_6851.jpg


フレット交換の際にフレットの太さや高さを変更可能です。

店頭に沢山のサンプルがありますので現物を見ながらお決め頂けます。

ステンレスフレットへ変更される方も多くなっていますね。



ギターやベースのフレット交換、ナット交換 は是非ご相談下さい。



メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。









FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント