FC2ブログ

05月28日 - Fender Japan TL - ステンレスフレット交換

Guitar Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_5380.jpg

Fender Japan TL


IMG_5381.jpg

フェンダージャパン製 80年代のテレキャスター。


IMG_5382.jpg

フレット交換+ナット交換+指板R変更+ペグ交換+全体調整の依頼。


IMG_5383.jpg

フレットは1弦側がかなり低い状態でした。

IMG_5385.jpg

IMG_5384.jpg

ナットも溝に隙間があるので交換。



IMG_5386.jpg

フレットはJescar製のステンレスフレットへ交換。

アメスタ系のイメージで、ミディアムジャンボをチョイス。


IMG_5387.jpg

古いフレットを抜いていきます。

IMG_5388.jpg

全て抜き終わった状態。


IMG_5389.jpg

フレットを交換する際に指板のアールを変更する事も出来ます。

オールドフェンダータイプは184R(7.25インチ)というきつめのアールの指板が多いです。

現行のアメスタなどは少しフラットに240R(9.5インチ)です。

一方ギブソン系は305R(12インチ)でかなり平な印象です。

今回は305Rへ変更しました。


IMG_5391.jpg

最初はストレートのブロックにて削っていきます。

IMG_5392.jpg

アールのついた指板を平に削っていく際、ポジションマークも削るのですが、物によっては削れ落ちて無くなってしまう場合もあります。

その場合今回のように新しいポジションマークを埋め込み直します。

削って薄くなってしまったポジションマークの上から穴を開けます。


IMG_5393.jpg

新しいポジションマークをセットして

IMG_5394.jpg

先ほど指板を削って出たローズの粉をエポキシ樹脂に混ぜて

IMG_5395.jpg

暫く固定します。

IMG_5396.jpg

固まった後再び研磨して指板にオイルを塗った状態。


IMG_5397.jpg

ステンレスフレットを指定のアールに曲げます。

IMG_5399.jpg

各フレット位置に合わせて切り出し

IMG_5400.jpg

プレス機で挟み込んでいきます。

IMG_5401.jpg

打ち込み完了。

ここまでは普通のフレットもステンレスもそんなに作業は変わりません。


IMG_5402.jpg

飛び出た端を軽く研磨。


IMG_5403.jpg

ネックジグにかけてフレット面を研磨する前に、ペグを取り換えましょう。


ペグはGOTOH製クルーソンタイプのロックペグへ交換。
見た目にも操作性も良いロックペグです。


IMG_5404.jpg

GOTOHの専用スペーサーをかまし、しっかりペグを固定。

IMG_5405.jpg

その後ネックジグにかけて、フレット面を研磨します。

IMG_5406.jpg

弦を張った状態で指板のストレートを確認し、チューニングを合わせ、弾く時とと同じ状態の値を0とします。


IMG_5407.jpg

弦を外すと引っ張られていた波力が緩むので

IMG_5408.jpg

ヘッド側を下から持ち上げ、ペグ付近は軽く下側に力を加えて、先ほど弦を張った時と同じネックの状態をセットします。


IMG_5409.jpg

この状態でフレット面を平に研磨すれば、弦を張った際もガタツキ、つまりの無いフラットな面を維持できます。


IMG_5410.jpg

研磨後、それぞれのフレットの高さを測り、小さなやすりで微調整。



IMG_5411.jpg

完成後のフレットです。


IMG_5412.jpg


ステンレスフレットの場合、ここまでの作業がとても大変です^^
なにせ固いので、いつもの倍くらい時間がかかります。


IMG_5414.jpg

ナットも牛骨オイルナットへ交換。

IMG_5415.jpg

少し高くなったミディアムジャンボのフレット高に合わせ仕上げます。


IMG_5417.jpg



まだまだ現役で使える仕様になりましたね。


フレット交換、ナット交換、等 お気軽にお問い合わせください。


メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。







FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント