FC2ブログ

05月21日 - Miguel Santos FA-18F - フラメンコギター サイド割れ・亀裂修理

Guitar Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!

IMG_6536.jpg

Miguel Santos


IMG_6537.jpg

ミゲル・サントスのFA-18F。

IMG_6538.jpg


クラシックとフラメンコギターの違いの特徴は材の種類。クラシックはサイドとバックにローズが使用される事が多いですが、フラメンコは主にサイプレス(シープレス)を使います。

サイプレスは糸杉の事で、ローズに比べるとサウンドは明るく抜けが良いのが特徴。


IMG_6539.jpg


今回は落としてしまいサイドに亀裂が出来てしまったケース。

亀裂の長さが50cm位あったので5cm間隔で内側にスプルースでパッチを貼り付けました。


IMG_6540.jpg



IMG_6541.jpg

紙が入ってしまう位隙間が大きい箇所もありました。


IMG_6542.jpg

ブレーシングの浮いた場所もありますね。



IMG_6543.jpg

中に張り付けるパッチを作ります。

スプルース材を、専用のビットで開けていきます。

先端に穴の開いた円形のパッチが作れます。


IMG_6544.jpg

亀裂の入った表面から、0.4mmのドリルで穴をあけます。

ここからピアノ線を通して裏にパッチ板を張り付けます。


IMG_6545.jpg

その前に亀裂部分に接着剤を流し込みます。

そのまま塗りつけても入っていかないので、専用の工具にてエアーを押し込んで接着剤を隙間に流し込みます。


IMG_6546.jpg

ピアノ線にパッチ板と固定用の分銅を結びます。

IMG_6547.jpg

表からペグ糸巻きで引き揚げていきます。


IMG_6548.jpg

中はこんな感じ。

IMG_6550.jpg



IMG_6551.jpg

時間をずらしながら数か所同時に固定。

トップとバックの歪みもクランプで矯正しながら補正し固着させました。

クランプ同時に行い、歪みをチェックしながら締め付け具合を変えていきます。


IMG_6552.jpg

サイドでもテンションの掛かる場所なので、少し多めにパッチを入れ、これ以上開かないように貼り付けます。

IMG_6553.jpg

これで5cm間隔です。

IMG_6554.jpg

ブレーシングの浮いた場所もリフターで固定します。

IMG_6555.jpg

固着が終わって塗装を一旦剥がしました。

IMG_6556.jpg

サイド部分だけ再塗装します。

IMG_6557.jpg

亀裂部分は目立たなくなりましたが、ピアノ線を入れる為に開けた穴跡が黒っぽくなってしまいました...


IMG_6559.jpg

サンディングシーラー、着色、トップと重ね、バフ掛けしました。

亀裂面は触っても全く段差無く仕上がっています。

IMG_6560.jpg

IMG_6561.jpg

IMG_6562.jpg

IMG_6563.jpg



完全に亀裂面はくっ付いているので、修理後のサウンドも全然問題無いレベルです。



アコギ、クラシックギター、フラメンコギター、ジャズギターなどの割れ、ヒビ等の修理も お気軽にお問い合わせください。


メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。







FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント