FC2ブログ

05月11日 - Roland JC-120A R&P - オーバーホール

Amp Repair of the Day


FC2Blog Ranking

クリック協力お願いします!!


IMG_5587_20180511105558cef.jpg
Roland JC-120A R&P


IMG_5588.jpg


ジェーシー?ジャズコ?
皆さんは何て呼んでますか?

同じように見えるJCも年代によって色々なタイプがあります。



IMG_5589.jpg

今回の修理品はR&Pスピーカーが搭載されたモデル。

R&Pとはローランド・パイオニアの略。
共同開発で作られたスピーカーは、通常のJCに搭載されているスピーカーよりも重く、もっとオーディオ的な音色です。


IMG_5590.jpg

内部の設計はほぼ一緒なのですが、年代によって少しずつ音色が違いますね。

アンプの修理は基本的に回路図の存在する物のみとしております。

回路図・設計図を基に電流・電圧を測定しながら不具合を検証します。


IMG_5591_201805111056044d7.jpg

30年以上経過したアンプのオーバーホールの場合、まず電源部を測定します。

トランス、整流回路などの値を計測して、回路図通りの電圧になるように劣化したパーツを交換します。



IMG_5592_20180511105605cf0.jpg

シャーシ内部、基盤部をチェックしてるとたまに見る光景。

こんな卵が出てきたりします^^
ヤールーの卵ですね。(ヤールーとは沖縄で ヤモリの事です)

アンプの中は色んな生き物が入ってきます。
本土から依頼されるアンプはゴキブリ、何かのサナギが多いですね。

気持ち悪いですが、本当に多いんです(笑)


IMG_5593_201805111056076f9.jpg

電源部のフィルターコンデンサ。

当時と今とで、耐圧、容量が同じでも、こんなにもサイズの差が!!

安心の国産ニチコン製へ交換。


IMG_5594.jpg

他のコンデンサも交換し、それぞれの出力を測定。


IMG_5595.jpg

プリ部・コーラス部の基盤上のコンデンサ。

ぷっくり膨らんでいますね。

JCはとても多くの電解コンデンサが使用されており、漏れや劣化したパーツは全て交換します。


IMG_5596.jpg

基盤裏のはんだも一個一個チェックして、亀裂、断裂、浮き等あればはんだし直します。


IMG_5597.jpg

散々劣化した状態だったので、電源部の整流後は一気に破裂するコンデンサも出てきます。

臭い臭い・・・


IMG_5598.jpg

交換しては測定、計測、音出し。



IMG_5599.jpg



IMG_5600.jpg



よくスタジオやライブハウスなどでパワーの無いJCを見かけますよね。
オーバーホール後のJCはボリューム3でもうるさい位、パワーが戻りますよ。



ギターアンプやベースアンプなどの修理、メンテナンス、真空管交換、オーバーホールはお気軽にお問い合わせください。


メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743

宜しくお願いいたします。







FC2Blog Ranking

ランキング クリック協力お願いします!!


cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
instagram インスタグラム 始めました!!
フォローをお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント