Epiphone Elite TAK Matsumoto Les Paul TAK Burst - フレットすり合わせ、ナット交換

Guitar Repair of the Day



クリック協力お願いします!!


IMG_5971_201912021112411b9.jpg


Epiphone Elite TAK Matsumoto Les Paul TAK Burst


IMG_5974.jpg


エピフォンの松本孝弘モデルのレスポールです。


IMG_5976.jpg

多分初期のモデルでヘッドがギブソンタイプのシェイプ
ピックアップもシグネチャーモデルのようです。

今回はフレットのハイポジションがビビる為すり合わせ、ナット交換を行いました。



IMG_5978.jpg

指板は軽い順反り。


IMG_5979.jpg

ネックジグにセットしてすり合わせを行っていきます。


IMG_5981.jpg

今回はハイポジションのつまりがあるのと、一部デコボコがあるので、全体を軽く研磨する程度に削ります。


IMG_5982.jpg

研磨後フレット上部が平になるので、マジックで平らな部分を塗りつぶし、平らなセンター部のみを削らずに残し、残りの平な部分の角をラウンド状に仕上げていきます。


IMG_5983.jpg

ヤスリで1本1本角を取って丸く仕上げます。

この後コンパウンドで磨きます。


IMG_5985.jpg

研磨完了。

IMG_5986.jpg

インレイを見ると浮きがありデコボコがありました。

ローズやエボニーの指板は保管環境によっては収縮致します。
湿度が多い環境では水分を吸って膨張し、乾燥し湿度が下がると縮みます。
これを繰り返してフレットやインレイが浮いてきます。

今回はすり合わせ後指板面を軽く研磨しインレイが浮いて当たる部分を取り除きました。


IMG_5987.jpg

全ての指板を研磨したので、インレイの段差も無くなり汚れも取れました。


IMG_5989.jpg

同時に錆びで古くなったサドル、テールピースも新品へ交換しました。


IMG_5990.jpg

サドルは新品の状態の場合、駒に軽く溝が掘ってあるだけです。

弦の太さに合わせ広げていきます。


IMG_5991.jpg

ナットもプラスティック製から牛骨製へ交換。

IMG_5992.jpg

接着剤でベッタリだったナットスロットを綺麗に削り直します。


IMG_6017_20191202111341b46.jpg

スロットに合わせてナットをピッタリになるよう成形。


IMG_6022_20191202111343ff6.jpg

使用する弦の太さに合わせて溝を切っていきます。


IMG_6025.jpg

IMG_6026.jpg

IMG_6027.jpg


とても鳴りの良いレスポールでした。



オールドギターの修理、メンテナンス、フレット交換 等は 是非ご相談下さい。


メールの方は こちら から

電話番号:098-923-0743









クリック協力お願いします!!
アクセスランキングを見る>>

cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
Facebook Twitter Instagram フォローをお願いします!!
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック