Fender Japan Jazzmaster - フレット交換

Guitar Repair of the Day



クリック協力お願いします!!

IMG_3916_201909091116512d8.jpg


Fender Japan Jazzmaster


IMG_3917_2019090911165220a.jpg


フェンダージャパンのジャズマスター。



IMG_3918_201909091116548da.jpg

90年代の個体です。


IMG_3919_201909091116551f2.jpg

大分フレットが減っていたのでフレット交換致しました。


IMG_3920_2019090911165639f.jpg

かなりのフレットが減りと同時に浮いていたり錆びが出ていました。

こういう場合は抜いてみると内部が錆びで腐食している事が多いです。
広がったフレットスロットは修正し、少しタングの広いフレットへ交換しました。



IMG_3921_20190909111723b43.jpg


先ずはネックジグにセットしてネックの水平を出します。

IMG_3922.jpg

その状態でフレットを抜いていきます。

IMG_3923.jpg

写真のようにかなり傷んで腐食していました。

スロットはボロボロです。

IMG_3924.jpg

全て抜き終わり、傷んだ溝にローズの粉を流し接着剤で埋め直します。

IMG_3925.jpg

次に指板の修正。

20年以上弾いていれば指板はデコボコになります。

歪みや捻じれも、この時点でしっかり修正します。

IMG_3926.jpg


ネックジグを掛けない状態でストレートを確認しても意味が無いです。

弦を張れば数十キロの力が加わって曲がるので順反りになります。

ネックジグにセットすれば弦を張らずに張った状態を保てる為、フレット上でストレートの辻褄を合わせるのでは無く、指板をストレートにする事が可能です。



IMG_3927.jpg

指板が限りなくストレートになれば、フレットを打った後もすり合わせによる修正が少なく済みます。


IMG_3928.jpg

フレット溝も均一になるように切り直しました。


IMG_3929_20190909111735a20.jpg

今回は少しタングの大きい、フレットもミディアムジャンボにしました。


IMG_3930.jpg

指板のアールをフェンダーのオールドに多い7.25ラジアス値にて削ったので、フレットも同じアールになるように曲げていきます。

IMG_3931.jpg

フレットプレスで打ち込みます。

IMG_3932.jpg

スポッと綺麗に入っていきます。


IMG_3933.jpg

ハイフレット部は形状の違うクランプにて。

IMG_3934_20190909111805842.jpg

全て打ち終わった状態です。

IMG_3935.jpg


新しいナットもここで装着。

IMG_3937.jpg

もう一度ネックジグにセットして弦を張ります。


IMG_3936.jpg

この時点のストレート位置をセットし、弦を外して研磨開始。

IMG_3938.jpg

軽く研磨してトップを揃え、形状が楕円になるように1本1本仕上げていきます。


IMG_3939.jpg

フレットサイドも仕上げ、研磨、ポリッシュを経て完了。

IMG_3940.jpg




ギターやベース、ウクレレのフレット交換、すり合わせ などは是非ご相談下さい。


メールの方は こちら から

お電話:098-923-0743








クリック協力お願いします!!
アクセスランキングを見る>>

cate-fb.gif
cate-twitter.gif
cate-insta.gif
Facebook Twitter Instagram フォローをお願いします!!
関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック