FC2ブログ

02月22日 - GIBSON ES-335 - ネック折れ 補強修正

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!GIBSON ES-335ギブソンのES-335。以前にギターを倒して折れてしまい、他店にて修理を行ったけど修理後数週間で亀裂が入ってしまった、という依頼でした。修理前の写真を見せて頂きましたが、かなり深く折れていました。但しその時は接着だけで対応したようです。現在の状態がこちら。何故か塗装がブクブク浮いていて、接着の割れ目上が膨らんだり凹んでいたり。今回は一旦塗...

02月20日 - 中古楽器 委託販売受け付けております!!

SPREAD SOUNDでは中古品の販売も行っております。店頭、自社サイト、ヤフオク、デジマート、メルカリなどにて販売しております。中古品を売却されたい場合、委託による販売代行も受け付けております。状態の悪い物、壊れている物、修理の必要な物でも店舗にて修理、リペア、メンテナンスを経て10枚ほどの商品写真を撮影・編集し、出品致します。委託の場合、希望受取額を決めて頂き、そこに各販売サイトの販売手数料振込手数料送料...

02月18日 - GIBSON Les Paul Junior - ポット、スイッチ、ペグ交換

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!GIBSON Les Paul Junior70年代のギブソン レスポールジュニア。この時代独特のマホの重量。カッティングのキレも良く、粘りもあって本当に良い個体でした。ただ実戦で使うにはちょっとペグの精度が甘く、ポットやスイッチもガリがあるので交換します。スイッチ部分はいくらクリーニングにて接点を磨いてもまた削れてくるので消耗品として交換したほうが良いですね。ポットも...

02月15日 - Taylor 314ce - サドル高さ調整

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Taylor 314ceテイラーの314CE。2018年出荷モデルなので一番新しい型ですね。なんかブレーシングが前と違うような。今回はサドルが高いとの依頼。沖縄で修理工房をしていると様々な楽器がやってきます。ウチのお客様の割合は、3割がアメリカの方、1割が他国の方、3割が本土の方、3割が県内の方。特にアメリカの方は日本の代理店出荷の楽器では無く本国で購入された固体ばかり...

02月13日 - Fender Stratocaster - POT交換、ナット交換

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Fender Stratocasterフェンダーのストラトキャスター。90年代の個体です。ヘッドトップが欠けてしまっていてポットも動かない状態で音も出ませんでした。不思議なもので何十年弾いていなかったギターのボリュームポットが、全然問題無く回って動作する物もあれば、白い結晶のようになって固まってしまう物もありますよね。保管してあった環境の違いで差が出るのかもしれませ...

02月11日 - Fender Mustang - PU交換 Van Zandt ST FLAT-POLE 

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Fender Mustangフェンダーのムスタングです。全てオリジナルの状態のまま綺麗に使用されている感じでした。ムスタングは独特な形状とサウンドが印象的ですが、もう少しアタック、サスティンがあれば?という人も多いと思います。ピックアップ交換する事で簡単にキャラクターを変える事は出来るのですが、ストラトと比べると、フロントとリアの位置関係にあるムスタングのPU配...

02月08日 - Gibson L-1 Archtop 1914年製 - ブリッジ修理

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Gibson L-1 1914105年前に製造されたギブソンのアーチトップL1。ロバート・ジョンソンのアルバムジャケット写真で有名なフラットトップのL1は見た事あったのですが、アーチトップのモデルは初めて触りました。この仕様のラベルも貴重ですね。持ち込まれた状態はブリッジが割れてしまって弦が張っていない状態でした。恐らくエボニーで作られたブリッジは、弦の穴の位置からぱ...

02月06日 - LANEY LV300 TWIN - 音が出ない...

Amp Repair of the Dayクリック協力お願いします!!LANEY LV300 TWINレイニーのギターアンプLV300。プリにチューブを使用しておりパワーはトランジスタの120Wアンプ。日本では見ないタイプでした。音が出ないので中を開けて調べていくとパワートランジスタが死んでいました。交換の際にトランジスタ付近の基盤裏を見てみると、はんだ浮きがかなりありました。アメリカ人のお客様だったので本国から輸送中に振動でダメージがあった...

02月04日 - Marshall JCM2000 TSL100 - 真空管交換

Amp Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Marshall JCM2000 TSL100マーシャルのJCM2000。Triple Super Leadと呼ばれる3ch仕様のハイゲインアンプ。通称TSL100。こちらはスタジオにて使用されているアンプでした。現在は電源が入らず、出力が極端に低く音が出ない事もあるとのこと。ヒューズの切れ方から見ると何かあったはず。アウトプットのジャックが曲がっていたので落としたのでは?パワー管はRUBY製。プリ管は全て...

02月01日 - Moon JJ-4 Jazz Bass - Bartolini NTBTプリアンプ

Bass Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Moon JJ-4 Jazz Bass80年代のムーン製ジャズベース。アッシュボディにメイプル/エボニーネック、バルトリーニ製ピックアップ仕様。今回はプリアンプをTBTからNTBTへ交換しEQ部にミッドの可変抵抗を加えました。長い事使っていなかったようでポットもガリがありました。プリアンプ、電池スナップ、ポットを交換しました。ミッドの可変抵抗はキャビティ内のポットの上に設置。ベ...

01月30日 - Fender Frontman 212R - ノイズ

Amp Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Fender Frontman 212Rフェンダーのソリッドステートアンプ Frontman。値段が手頃な為結構利用者が多いみたいです。ソリッドステートアンプとは、増幅部に真空管を用いる物に対して半導体トランジスタを使用するタイプの事。RolandのJCなどは代表的なトランジスタアンプです。PAやオーディオなどのアンプはほぼ、パワー部はトランジスタですね。Frontmanはプリ部でフェンダーらし...

01月28日 - GIBSON J-200 - ブレーシング剥がれ、タッチアップ

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!GIBSON J-200ギブソンのアコギの中でも最も大きなボディのJ200。こちらは90年代のモデルで暫く弾いていなかった為弦高が高くビビりも多く弾きづらいとの依頼でした。長い事ケースに入れっ放しで湿度調整されていない環境だったのでブレーシングが剥がれてしまいトップ板が膨らんでしまったようです。ブレーシングとは力木と呼ばれ表板や裏板を支え、ギターの鳴り響きを左右す...

01月25日 - GRETSCH G6120T-59 VS - ゼロフレット交換、ピックアップ位置修正

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!GRETSCH G6120T-59 VSグレッチ 6120。恐らくグレッチのモデルの中で一番有名なデザインのギターでしょう。0フレットが特徴のチェットアトキンスモデル。ゼロフレットは弦高が低くなるのでどうしても磨耗が早くなってしまいますね。今回は0フレットの交換とリアピックアップのズレの修正。目視でも明らかに1弦側がブリッジ寄りに取り付けられていました。一旦穴を埋めて真っす...

01月23日 - Martin 2 Uke - ペグ交換、ブリッジ交換

Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Martin 2 Ukeマーティンのウクレレ。100年前のオリジナルスタイルを継承した復刻版。マホガニー仕様でカラッとしたサウンドが特徴です。オリジナルのペグは日本製だと思いますがギア比が1:1でチューニングが合わせにくいとの事で交換しました。ギア比とはペグが1周りするのに1回回す事です。ギターなどは1:15ギア比のタイプが主流で、ギヤポストが1周りするのにペグを15回しの間隔...

01月21日 - Seagull Grand Artist - ナット・サドル交換

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Seagull Grand Artistカナダ製のアコースティックギター シーガル。独特な小さなヘッドが特徴。こちらは一回り小ぶりなタイプで単板のスプルーストップのモデル。多分何度か弦のゲージを変えて試したのか、ナットの溝の減りがバラつきがあり、低い箇所はビビりが出ていました。全体的にかなり低くなっていて、開放弦を鳴らした時に1,2フレットに当たってしまいます。ナットは...

01月18日 - Fender Japan Tweed Champ Reverb - 真空管交換

Amp Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Fender Japan Tweed Champ Reverb90年代初頭に発売されたフェンダーのチャンプ。リバーブ搭載は珍しいので今でも高値で取引されています。今回持ち込まれた機種は、ボリュームが上がらず歪み易いとの依頼。チャンプは12AX7と6V6を1本ずつのシンプルな構造。6V6、5Wアンプ、製造から25年以上経過・・・先ずは真空管を測定してみます。測定器では出力管の数値が低く切れる寸前。プ...

01月16日 - S.Yairi YD-304 - ネックヒーター

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!S.Yairi YD-304よく「トラスロッドが回らない」とか「目いっぱい回しきって効かない」ギターやベースがあります。徐々に順反りになっていったネックを直すためにトラスロッドを締めていって回らなくなってしまった状態です。こちらのギターもかなり弦高が高くなっていました。ブリッジ付近も若干盛り上がりがありますね。指板は若干順反りです。12フレット以上は低い状態です...

01月14日 - Marshall JCM2000 DSL100 - 真空管交換、バイアス調整

Amp Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Marshall JCM2000 DSL100アンプの調子が悪い時は真空管の不良によるものが多いですが、原因が他にある事があります。バイアス電流にバラつきがあり真空管に多く流れていたり、カソード抵抗が壊れていたり。このマーシャルのようにパワー管がEL34で出力が落ちたアンプの修理を依頼されたとしたら、先ず真空管を測定器で計測し状態を確認し、真空管を抜いて各部を値をチェックし、...

01月11日 - Gibson LesPaul Jr - ペグ交換

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Gibson LesPaul JrマホボディにP90一発。シンプルな仕様ですがJrならではの太いサウンドはとても魅力がありますね。今回はペグを壊してしまったようで、6個中2個のペグが使えなくなっていました。ペグの交換は様々なメーカーから様々なタイプが発売されているので、大抵の機種は適合するペグがあるのですが、ギブソンの中でもこの軸のサイズでプラスティックボタンの物は限ら...

01月09日 - Luxxtone Guitars Choppa S - D-Tuner&ア―ミングアジャスター

Guitar Repair of the Dayクリック協力お願いします!!Luxxtone Guitars Choppa S ロサンジェルスにあるカスタムギター Luxxtone。全てのギターがオーダーメード。1本1本仕様が異なり、特にレリック仕上げが得意なブランドです。今回のギターは重いアルダーボディに柾目のメイプルネック、1ハムにフロイド仕様。全ての木部に弦振動が行き渡っており、とても切れの良いサウンドでした。アメリカから沖縄に来て以来、少しネックの状...