01月19日 - VOX AC4HW1 - アウトプットトランス交換

Amp Repair of the DayVOX AC4HW1純正のセレッションG12M Green BackからBlue Alnicoへ変更したのですが、スピーカーのインピーダンスが合わなかったのでアウトプットトランスを変えて欲しいとの持ち込みでした。内蔵スピーカーの使用の他に、外付けのキャビネットへと繋ぐ際に、アンプ側の出力が8オームのほうが都合が良い事もありますね。今回交換するトランスはマーキュリー製です。話を聞いた時はサクッと交換出来るかと思った...

01月16日 - S.Yairi - フレット擦り合わせ + タッチアップ塗装

Guitar Repair of the DayS.Yairi YHV-28かなり弦高が開いてしまい、ハイフレットに詰まりがある、という事で持ち込まれました。ネックジグを用いてフレットの擦り合わせを行います。弦を張ってチューニングがあった状態の指板とフレットがストレートなのが望ましいですが、どうしても同じ状態を保ち続けるのは難しいですね。反り、捻じれ、フレットのデコボコ、などネックは定期的なメンテナンスが必要になります。ネックの癖を見...

01月11日 - Mesa Boogie Dual Rectifier - メンテナンス

Amp Repair of the DayMesa Boogie Dual Rectifier前回の投稿に続き、もう一つ7th Heavenからのアンプメンテ依頼。ライブハウス常駐品なのでかなり年季が入っており、ホールでのライブを前に点検。全体的に出力が不安定との事なので電源回り、真空管、入出力部を総点検。真空管チェッカーにかけてみると、パワー管はいずれも問題無いレベル。プリ管は少しヘタっているのがあったので交換しました。整流管も初期に見られたタイプだ...

01月06日 - Marshall JCM2000 TSL100 - メンテナンス

Amp Repair of the DayMarshall JCM2000 TSL100昨年末に行われたイベントにて使用されたアンプの記事を掲載しておりませんでした・・・沖縄市コザにあるライブハウス 7th Heavenの周年祭に出演されたラウドネスの高崎晃さん用のマーシャルアンプ。念のためという事でクリーニングと真空管チェック、バイアス調整を行いました。1番のプリ管は結構バラつきがあったので交換。4発キャビでかなり爆音でチェック、店が揺れました(笑)...

01月01日 - 明けましておめでとうございます

Happy New year!! 新年快樂!! 새해 복 많이 받으세요!! 新年明けましておめでとうございます。1月4日(水)より営業を再開します。2017年もどうぞ宜しくお願い致します。ランキング クリック協力お願いします!!instagram インスタグラム 始めました!!フォローをお願いします。...

12月28日 - SPREAD SOUND 年末年始の営業のお知らせ

SPREAD SOUND 年末年始の営業のお知らせ年末年始の営業は12月30日(金)20時まで12月31日(土)休業01月01日(日)休業01月02日(月)休業01月03日(火)休業01月04日(水)11時より20時まで(通常業務)となります。宜しくお願いいたします。ランキング クリック協力お願いします!!instagram インスタグラム 始めました!!フォローをお願いします。...

12月26日 - FGN Neo Classic NST - ブリッジ裏 加工

Guitar Repair of the DayFGN Neo Classic NSTフジゲンのネオクラシックシリーズ。少しネックが反っており弦高が高いのと、シンクロブリッジがボディ裏の木部に当たってアームを使用する度に音が出る、という事。アームのポジションにもよりますが、ベタづけで使用するには少し削ったほうが良さそうです。木部を削った後、タッチアップ塗装。ネックはトラスロッドを調整し、フレットを軽く研磨してストレート調整致しました。ナッ...

12月22日 - Universal Audio 4-710d - XLRジャック交換

Repair of the DayUniversal Audio 4-710dチューブとソリッドステートを選べる4chマイクプリアンプ。入力のXLR端子にコネクターが刺さったまま抜けなくなってしまったみたいです。基板に直付けのXLRジャックは選択肢も少なく、耐久性がある個体を選べるわけでは無いようです。修理にあたって色々なタイプのジャックを取り寄せてみましたが、どれも構造は似ていてリリースキャッチの仕組みに難ありでした。普通に使っていれば問題無...

12月19日 - Atomic CLR - ノイズ修理

Amp Repair of the DayAtomic CLR monitor Speakerフロア用のパワードモニタースピーカーです。主にFractal Ax-Fxなどのモニター用として人気のあるスピーカーです。今回は出力を上げるとチリチリとしたノイズが乗ってくるという症状。中を見ると、基板周りが黒ずんで怪しいパーツを発見。オシロでおっていくとそのパーツの周りの抵抗が死んでいました。スピーカーへ繋がるファストン部がグラグラしており、クラックのようなノイズ...

12月16日 - Voodoo Hawaiians & 鮎川誠 ライブ@桜坂

Voodoo Hawaiiansが沖縄にやって来ます。しかも鮎川誠さんと一緒に!!プリンセスプリンセスの中山加奈子氏が99年に結成した最高なR&Rバンド。私の師匠 小関”Koseking”も年に一度は沖縄にやって来てくれるのですが、ライブは久しぶりですね。加奈ちゃん 澄ちゃん 鮎川さん のトリプルギター 楽しみです。明日は是非 那覇の桜坂へ!!明日はリハーサルから立ち会うので、SPREAD SOUNDは15時までとなります。 2016年12月17日(土)...

12月15日 - FORWARD FX-600EQ - メンテナンス

Amp repair of the DayFORWARD FX-600EQFORWARDという国産アンプのメンテナンス。AIDEAN製のZOOMはたまに見かけますが、こちらは初めての機種でした。ノイズが多いとの事でしたが、裏のパネルを見るとリバーブへと繋がるRCA端子がシャーシに触れて垂れ下がっています。真空管は全て測定。パワー管はTUNG-SOLに交換されており、測定結果も問題ありませんでした。ジャックはガリがあったので交換。POTもガリがあるのでクリーニング。...

12月12日 - Grass Roots Forest - FRT フロイドローズセッティング

Guitar repair of the DayGrass Roots Forest フロイドローズの搭載されたギターは、弦のゲージ変更やバネの交換、ブリッジの高さ変更などの際に再度セットアップするのは、少し手間が掛かりますよね。チューニングも中々合わなかったり、ブリッジの角度も思うような位置にならなかったり。ロック式のトレモロの場合、全てのバランスが整った状態をキープしてチューニングが保たれるので、一つ一つのポイントを根気よく詰めていく...

12月08日 - Killer KB-CRIMINAL Signature - メンテナンス

店頭で一際異彩を放つフェニックスのインレイ。そうKillerのKB-CRIMINAL Signature。明日ミュージックタウンにて行われるイベント "7th Heaven Rock Summit 2016"にて使用される為、メンテナンスに入ってきました。TAIJIさんが実際にLOUDNESS時代に使用していたサブモデルです。フェニックスに目玉があったり、4弦が裏通しで無く、ピックアップが販売モデルと違っていたり、とプロトタイプのようです。バッチリメンテも終了しスタ...

12月07日 - Marshall JCM-900 Model4100 - メンテナンス

Amp Repair of the DayMarshall JCM-900 model4100基地のお客さんに多いのが沖縄への赴任の際、最初は1台のギターに1台のアンプと共に来沖。その後徐々に本国の自宅からアンプやギターを持ち込み増えていくケース。メンテついでにわざわざアメリカからの自宅から送ってもらい、何十年も弾いていないアンプを見て欲しいという依頼。梱包も曖昧で海を渡って来る楽器類は、経年によるものか輸送中によるものか、不良個所の見極めが難...

12月05日 - 公式LINEアカウントが出来ました

スプレッドサウンドの公式認証 LINEアカウントが出来ました‼︎ LINE ID : @spreadsoundhttps://line.me/R/ti/p/%40kip6409e 店舗情報やリペアの情報などのやり取りをダイレクトに出来るようになりました。リペア受付をされたお客様と連絡を取る際お電話によるご連絡の場合、ご都合がつかない事も多いと思います。LINEでのメッセ―ジによる連絡であれば、時間、場所を気にせずにご連絡が可能です。SPREAD SOUNDの公式アカウントです。...

12月02日 - GIBSON Hummingbird - ブリッジ剥がれ 修理

Guitar Repair of the DayGIBSON Hummingbird ハミングバードのブリッジ浮きの修理です。アコギやウクレレの修理の中で、ブリッジの浮き、割れ、変形、等で持ち込まれるケースは週に1本位の割合で入ってきます。沖縄の場合、はっきりとした四季が無く、急激に気候が変化する時期があります。南から海水を含んだ湿った風が数日間吹き続けたかと思うと、急に風が北に変わり寒くなったり。夏よりも温度差のある時期は楽器には最悪の環...

11月28日 - Epiphone C-5/NS - ピックアップ取り付け

Guitar Repair of the DayEpiphone C-5/NS エピフォンのミニガットギター。3/4サイズですがマホガニーのカラッとしたサウンドが特徴のギターです。今回ライブでも使えるようにピックアップを取りつけました。今回選んだのは、ピエゾ臭くもなく自然な音を拾える L.R.BaggsのiBEAMクラッシック用。エンドピンをジャック仕様にする為穴を広げて加工。PUはブリッジの真下では無く、若干サウンドホールに近い場所に取り付けました。サウ...

11月25日 - Marshall AVT150H Valvestate 2000 - トランジスタ交換

Amp Repair of the DayMarshall AVT150H Valvestate 2000マーシャルの4chトランジスタアンプ。プリ部にチューブを使用していて、サウンドも昔のマーシャルサウンドからラウド系まで幅広く再現出来ます。コンボタイプのAVT100はよく修理で見かけますがヘッドは珍しいですね。今回は音が出ないという事でお預かりしましたが、開けてみてビックリ(予想通り!?)とてつもないワタ埃。構造的に排気が足りないのと長時間電源を入れっぱな...

11月21日 - GIBSON L-50 ボディトップ板 割れ 亀裂修理

Guitar Repair of the DayGIBSON L-50 - Body Top Crack年季の入った1940年代のアーチトップ。経年でトップに3か所亀裂、割れが出てしまったようです。右側のFホール上部からカッタウェイ付近までの亀裂。ここが一番大きな割れでした。Fホール下部の亀裂全体的に経年の薄いクラックがあります。アコギやフルアコ、セミアコなどのホローボディの場合、持ち込まれた状態を把握する様は外科医のようですね(笑)各部の高さ違いや歪み...

11月17日 - Hughes and Kettner Triamp mkⅡ LED改造

Amp Repair of the DayHughes and Kettner Triamp mkⅡ先日ビデオでお見せしたケトナーのLEDモディファイ仕様。実はそもそも真空管の調子が悪く、リペアに持ち込まれたのですが、作業中に誤ってネオン管を割ってしまいました。苦笑ネオン管自体の交換はさほど難しくなかったのですが、ターンテーブルのLED改造で使用したLEDを流用出来ないかと思い、試作がてら組み込んでみたところ綺麗に仕上がった、というのが経緯です(笑)出力...

11月13日 - Hughes and Kettner Triamp mkⅡ LED Modify

Hughes and Kettner Triamp mkⅡ LED Modify 純正のネオン管が壊れたので試行錯誤してLED仕様にしました。純正のネオン管より断然明るいく、全16色から単色、ストロボ、フェードなどの色効果をリモコンで選択可能出来ます。改造希望の方はお問い合わせ下さい。#hughesandkettner #triamp #led #modify #spreadsoundランキング クリック協力お願いします!!instagram インスタグラム 始めました!!フォローをお願いします。...

11月10日 - Numark NS7II - フェーダー交換

Repair of the DayNumark NS7IIDJコントローラーのフェーダー交換です。以前もUSBジャックの修理で修理したのですが、今度はメインボード上にはんだされている縦フェーダーの不良。基板を外すのに、ネジの数が半端無く多いです。フェーダー部分の基板をひっくり返すまでが一苦労。実装基板の場合、通常とは違うハンダこてを使用するのですが、パーツ取り外しの際はガンタイプのはんだ吸い取り機を使用します。大量パーツの取り外し...

11月07日 - PETERSON P100G - メンテナンス オーバーホール

Amp Repair of the DayPETERSON P100G ピーターソンアンプのメンテナンス。持ち込まれる症状のほとんどが、ポットのガリ、出力不安定、チャンネル切り替え時のポップノイズです。基本的に回路図の無い製品の修理は受け付けていないのですが、ピーターソンは一度、全バラシをして回路図を書き出したので、かなり助かってます。私が一番初めにピーターソンのアンプの音を聞いたのが10代の頃。実家の近くで母の親友がやっていたライブ...

11月04日 - GRECO LP - オーバーホール メンテナンス

Guitar Repair of the DayGRECO LP 20年位使用していなかったレスポールタイプのオーバーホール。ポットは回らないので全て交換。中の配線もやり直します。ナットも無くなっていたので新たに製作。フレットもかなり低くなっていたので交換したいところですが、今回は予算の都合上表面を磨くだけに。ヘッドトップ、ネック裏、ボディの表裏面共に、かなりの汚れが付着していました。油、ヤニ、埃、錆び、等々、何回かに分けてクリー...

11月01日 - Guyatone 480D SUPER LEAD - オーバーホール

Amp Repair of the DayGuyatone 480D SUPER LEADグヤトーンの古いソリッドステートアンプ。ハムノイズが多く、ポットにもガリがあったのでオーバーホール致しました。インプットジャック、ポットは全て交換。ハムノイズは、基板上のはんだ浮き、古くなったワイヤー、壊れた抵抗、などが原因でした。ワイヤーを交換し、引き回しを整え、グラウンドを強化する形でノイズが大分無くなりました。プリ基板も劣化にてノイズの元になって...

10月25日 - Kelii Ukulele - ブリッジ修理

Repair of the DayKelii Ukuleleウクレレのブリッジの修理です。ブリッジ部分のボディトップが若干撓んでおり、その隙間から剥がれてしまったようです。一旦剥がれたブリッジ部、接着面を研磨し、中からジャッキアップしながら固定していきます。粘度の低いボンドで、通常より時間を掛けて固着しました。固着後もクランプを取り、弦をすぐ張らずに1週間程放置。その後ボディの撓みが無いのを確認後、弦を張って調整します。Keliiの...

10月21日 - GIBSON ES-335 - ピックアップ交換

Guitar Repair of the DayGIBSON ES-335 リアピックアップの音が出なくなったので見て欲しいとの依頼。POTの配線をテスターで追っていって各値をチェック。特に異常が無かったのでピックアップの中身をチェック。片側のコイルを手でつまむと導通があったり無かったり。中で断線してますね。お客様に確認を取り同型の新品と交換する事に。その際同時に配線材、POT、スイッチ、ジャックなど 全てを交換。ピックアップはGIBSON純正 57...

10月17日 - ACE TONE MIGHTY-5 - トータルメンテ

Amp Repair of the DayACE TONE MIGHTY-5 エース電気の60年代製のアンプ。発売から50年近く経っているとは思えない程綺麗な外観。こちらは海外輸出仕様のタイプ。基地経由で販売する為に沖縄で眠っていたのか?海外から戻ってきたのか?50年前の家電を使っている人はいないでしょうけど、楽器は平気で40~50年前の骨とう品がゴロゴロしてますね(笑)今回は全体のメンテナンス+電源ケーブルをソケット化。中を見ると殆ど使っていな...

10月14日 - AMPEG SVT-7 Pro - 電源不良

Amp Repair of the DayAMPEG SVT-7 Proアンペグのベースアンプ。電源が入らないという症状。電源が入らない場合は、どこの回路で流れが止まっているのか、を辿っていきます。テスターでパーツ間の電流を計測しながら回路図と睨めっこ。スイッチング電源の場合、プロテクトがかかる要因はいくつかありますが、そんなに難しいケースは無く特定出来ることが多いです。今回のケースもはんだ不良によるものでした。ベースアンプは、移動...

10月12日 - Cooder by Takamine TCP-400TBS - フレット交換

Guitar Repair of the DayCooder by Takamine TCP-400TBS4フレットのみが極端に低くなってしまい、ビビリが酷いという症状。前後を削るより1本だけ打ち直して高さを合わせます。前後に比べ 4フレットだけ低いです。慎重に抜いた後溝を掃除します。この時、溝の深さも図りながら、均一になるように調整します。交換するフレットは、抜いたフレットと比べながら、近似値の物をチョイス。Stumacのフレットから、ほぼ同じサイズの物が...