08月21日 - Martin 00-18 - ブレイシング接着 TOP板調整

Guitar Repair of the DayMartin 00-18 マーティンの00シリーズ。今回のケースは持ち込み時の現状で、コードを弾いた際にボディ内からビビり音が聞こえ、弦高が上がっている、というものでした。弦高はかなり高くなっています。状態を確認してみると、トップ板が膨らんできていて中のブレイシングも何か所か浮いていました。上の写真のように、3か所のブレイシングが外れて (浮いて) いました。内部の浮いたブレイシングをジャッ...

08月18日 - GIBSON 1967 ES-345 "G-Man" Special - 塗装 リフィニッシュ

Guitar Repair of the DayGIBSON 1967 ES-345 "G-Man" Special67年製のES-345。ここまでに沢山の人の手に渡り塗装のリフィニッシュもされてきたようで、お預かりした時点では写真のようなチェリーのようなオレンジのようなカラーでした。元々はビグスビーがついていたようで、ストップテイルピースに後から変更したようです。ローターリースイッチの跡も残っていますね。左のカッタウェイ近辺は何故かボコボコしています。元の塗装...

08月14日 - Ibanez J.Custom Series - Sperzelペグ交換

Guitar Repair of the DayIbanez J.Custom Series Ibanezのシリーズの中でもかなり高級なモデルのJ Custom。元々はロック式のペグがついていたのですが通常の牛骨へと改造されていました。サウンド面においてはロック式から牛骨へ替えるとフロイドローズタイプのギターはかなり印象が変わります。その代わりチューニングが若干狂いやすく・・・そこでロック式のペグに替えてみたら?という事で依頼を受けました。ロック式ナットを...

08月11日 - Burny RLG Les Paul Type - ピックアップ ペグ交換

Guitar Repair of the DayBurny RLG Les Paul Type レモンドロップフィニッシュの綺麗なレスポールタイプ。ハイスタンダードの横山健さん仕様っぽく、ピックアップとペグの交換依頼です。交換希望ピックアップはダンカンのJBとAntiquity。ペグはSperzelのロックタイプへ。元々のギターの材質、交換するピックアップの種類によりますが、Antiquityは本当に大化けするピックアップです。ピックアップ自体も、マグネット・コイルの種...

08月07日 - Mosrite Gospel Mark V - 0フレット交換

Guitar Repair of the DayMosrite Gospel Mark Vモズライトのカートコバーン仕様モデル。モズライトは0フレットを採用しているのでフレットが削れると弦高が低くなりビビりが出てきます。特に3弦部分だけがかなり減ってしまっていたので0フレットのみ交換。純正のフレットより一回り太いフレットへ交換しました。またブリッジ部のサドル用固定ネジが不足していたので追加。これでオクターブ調整が合いました。Gospelはピックアップ...

08月04日 - GRECO SE-700 Early Sixties 1977 - メンテナンス POT交換

Guitar Repair of the DayGRECO SE-700 Early Sixties 1977グレコの70年代のストラト。近所のアメリカ人サーファーの友人が、「これ絶対いいやつだよな?70年代だろ?日本製だろ?どう?どう思う?」って興奮しながら持ってきました^^彼は同じ年代で、子育てもひと段落して、気が付いたら全然海にも入っていなくて、仕事ばっかりで、休みはダラダラしてる、感じの元ギタリスト^^なんとなく理解出来ます。昔から持っていたこの...

07月31日 - Greco SG - ネック折れ 補強 塗装

Guitar Repair of the DayGreco SG グレコのSGです。ヘッド部表はこんな感じですが・・・裏はパックリ割れておりました。ネックが折れた状態で貰って そのまま長いこと放置していた模様。弦を緩めなかったので割れ口が開いたまま断面が欠けてしまったり、折れたヘッド側の材が癖ついていたり・・・ネックが折れたら(ヒビが入ったら)直ちに弦を外してリペアして下さい。骨折と一緒ですから初期対応を誤って処置を遅らすと骨接ぎで...

07月28日 - Fender American Deluxe with Floyd Rose - フレット交換

Guitar Repair of the DayFender American Deluxe with Floyd Roseフェンダーのフロイドローズ搭載モデル。かなりフレットが減ってしまったので交換依頼でした。まずはネックジグを使用して状態のチェックをします。弦を張ったまま、通常弾いているのと同じテンション具合をネック下のゲージに記憶させます。弦を外し、弦を張っていた時と同じテンションを再現します。弦を張っていた時のゲージのメモリに合わせ、ヘッド裏をテンシ...

07月25日 - Barber Electronics Deep Fryer - POT交換

Repair of the DayBarber Electronics Deep Fryerベース用のオーバードライブ・プリアンプ ディープフライヤー。各POTのガリが酷かったので全て交換しました。POTとはPotentiometersの略で可変抵抗器の事です。POTは使う頻度にもよりますが必ず劣化します(ガリがでます)。接点復活剤などでの応急処置も可能ですが、すり減ったカーボンが戻るわけではないので、いずれまたガリが出るでしょう。ガリが気になりだしたら新品に交換する...

07月20日 - GIBSON Les Paul Studio Faded - PU、パーツ交換

Guitar Repair of the DayGIBSON Les Paul Studio Faded 去年発売されたフェイデッドレスポール。薄いサテンフィニッシュが特徴でMin ETune(ロボットチューナー)が搭載されていました。今回はお客様からの持ち込みでパーツ類を大幅にアップグレード。ピックアップ、ポット、コンデンサー、ジャック、トグルスイッチ、ワイヤー、サドル、ブリッジ、ナット。ピックアップは純正から、ダンカンのSLASHモデルへ。最近のギブソンはみ...

07月18日 - ANTONIO SANCHEZ 3350 クラッシックギター - ブリッジ剥がれ修理

Guitar Repair of the DayANTONIO SANCHEZ 3350 Classic Guitarアントニオ・サンチェスのエレガットモデル。ケースから開けたら既にブリッジが剥がれていたそうです。プリアンプ部を一旦、中から取り出します。ピエゾPUがプリアンプに繋がっているので、プリアンプ基盤から外します。ブリッジ裏面、ボディ接着部共に、綺麗に研磨しました。ピエゾPUの線の穴にキリを入れて位置を固定。クラッシックギターのブリッジの場合底面が広...

07月14日 - Gretsch Tennessee Rose - POT、スイッチ交換

Guitar Repair of the DayGretsch Tennessee Rose グレッチのテネシーローズです。トグルスイッチを切り替える際にノイズが大きいという症状。テネシーローズはFホールが空いているように見えますが、これはプリント(ダミー)。だからスイッチやPOTの取り出しはPUの穴からだけになります。(結構大変)グレッチの配線図を見ながら丁寧に交換。箱物のポット交換の中でもグレッチの場合は、取り回しにコツがいりますね。ランキング...

07月13日 - YAMAHA Super Bass 700 - POT交換、メンテナンス

Repair of the DayYAMAHA Super Bass 700 沖縄にはアメリカ人だけでなく様々な国の方が生活していますが、その中でギターやベースを弾く人で日本に滞在歴の長い人は質屋やリサイクルショップでのお宝探しが好きなようです。10年以上前に知り合いのフィリピン人の家に行った際、自宅の一室にジャパンヴィンテージのギターが所狭しと並んでいました。聞けば20年かけて日本中を回って貴重な70年代、80年代製の日本製ギターを集めてア...

07月12日 - All That PiNK BELDEN 8412 Guitar/Bass Cable

All That PiNKBELDEN 8412 Guitar/Bass CableSPREAD SOUNDオリジナルギター/ベースケーブル"All That PiNK" いつもまとめて製作してからプロのネイルサロンの先生に、ラインストーンの作業をお願いしています。入荷するとすぐに無くなってしまうのですが、一度に大量に作れないので いつもお待たせしておりますが、昨日大量に入荷いたしました。ピンクのギターケーブルを探していて、尚且つ音質の良いBELDENのケーブルが好みの方。...

07月11日 - ウクレレ LUNA LS-3MV - ブリッジ剥がれ TOP板 修理

Repair of the DayUkulele LUNA LS-3MVマーティン3Mに似たシェイプのLUNAウクレレ。ホンジュラスマホガニー単板を使用した乾いたサウンド。今回は残念な事に、ブリッジが取れてしまった、との依頼。ボディを横から見ると、ブリッジ付近の凹みと膨らみがはっきりと分かります。ケースに入れたまま車に放置してしまったり(沖縄ではこのケースが一番多いです・・・)、湿度が高い梅雨時期を経て、梅雨明け後急に気温が上がった後など...

07月07日 - GIBSON Les Paul Custom 77年製- ナット交換

Guitar Repair of the DayGIBSON Les Paul Custom 70年代のギブソン・レスポールカスタムです。ポット、ジャック交換、ナット交換を行いました。ポットの刻印を見ると77年製のようです。今回は配線をやり直し、一番酷いボリュームポットは交換し、残りはクリーニングにて対処しました。おや、ストラップピンが曲がって入っていますね。後で修正します。ナットは全体的に溝が広がっておりビビりや共鳴音が大きくなっていました。ナ...

07月05日 - Fujigen Neo Classic NCJG - POT交換

Guitar Repair of the DayFujigen Neo Classic NCJG フジゲンのジャガー。グレッチのFilter'Tronのようなピックアップが搭載されたモデルでした。ポットにガリがあったので交換、全体調整を行いました。ポットのガリに関しては、国産ポットが悪いわけでもCTSが良いわけでもないと思います。使用頻度、保管状態、気候によってそれぞれコンディションが変化します。一番触る機会の多い手元のボリューム。接点復活材などで応急処置し...

07月03日 - Fender USA Stratocaster - ピックアップ交換 Texas Special

Guitar Repair of the DayFender USA Stratocaster綺麗なサーフグリーンのストラトキャスター。ナットがかなり低くなっていたので交換。それと純正のピックアップから、フェンダーカスタムショップのテキサススペシャルへ変更。交換前の純正のピックアップハズレの無い、定番のリプレイスピックアップFender Custom Shop Texas Specialワイヤリングも、綺麗に信号線とグラウンド線を分けました。純正のピックアップカバーにうまく...

06月29日 - Budda Wah - トゥルーバイパス + LED

Repair of the DayBudda Wah 初期型のブッダワウです。今回LED増設を行いました。現在の型はルックスが鉄の塊みたいでいまいちですが、この時代のブッダはCrybabyなどと同じサイズでした。サウンドは太く甘く艶やか。嫌なポイントが無くオールマイティなワウです。スイッチは金メッキされた耐久性の高い3PDTへ変更。これでステージ上でもON/OFFが一目で分かりますね。ランキング クリック協力お願いします!!instagram インスタ...

06月28日 - Rickenbacker 330 - ボディクリーニング カビ除去

Guitar Repair of the DayRickenbacker 330 梅雨が明けてケースを開けてみると・・・どんなギターでも湿気の多い場所で保管し、ケースの中に閉じ込めてしまえば、このようなカビに襲われてしまいます。ボディにこびり付いたカビは、塗装のTOPを完全に侵食しており、表面の研磨をしなければ落ちないほどでした。先ずは酸素系の洗剤で表面のカビを落とします。くれぐれも塩素系を使わないように!!かなり強力なカビです。全然落ちま...

06月27日 - Lahaina UK-150 - ウクレレ ブリッジ剥がれ修理

Repair of the DayLahaina UK-150 ようやく梅雨明けした沖縄。今年はかなりまとまった量の雨が長く続き湿気の多い梅雨でした。梅雨明け後にアコースティック系などに多く見られるトラブルが、ブリッジ浮き、ブリッジ剥がれ、ボディの膨らみ・へこみ、などの木に関するトラブルです。この1週間の間に持ち込まれたリペアの殆どが、アコギ・ウクレレ等のブリッジトラブルでした。こちらのウクレレは離島からの依頼。ブリッジが綺麗に...

06月26日 - レディースルーム、スラットバンクス、セックスマシンガンズ in コザ

先週末は爆音の3日間でした。16歳の頃から世話になっている先輩たちの来沖ライブ。レディースルーム、スラットバンクス、セックスマシンガンズ in コザ。当時スラットのTUSK氏のやっていたバンドのお手伝い、お供をしながら10代を過ごしたので、このメンツが沖縄に、しかもコザで会うのは不思議な感じです。レディースルームの方々も25年ぶりとは思えないほどお変わりなかった。スラットのマネージャーさんは、僕が当時横浜でバン...

06月21日 - Technics SL-1200mk5 - 塗装、LED化

Repair of the DayTechnics SL-1200mk5 うちの常連さんで沖縄に20年以上も住んでいるアメリカ人のDJの方からの依頼。店頭にあったSL1200mk5ペアを再塗装、LED化、総メンテナンス。シルバーの筐体は全体をサンディングしてプライマー、車用の2液ウレタンでブラックに。台座、トーンアームもブラックにして、アームジョイント部は蓄光塗料で光ります。プラッター内部のLEDはリモコンで20色から制御可能。ピッチフェーダーは新品、ケ...

06月19日 - Roland JC-120 - オーバーホール

Amp Repair of the DayRoland JC-120 定番のローランド JC-120 ジャズコ。長いことライブハウスで使用されてきた個体で、ボリュームを絞った状態でもノイズが酷く、コーラス部も効かない状態。修理をしていて同じ機種のアンプを何台も扱ってみると、電源を入れて音を出した瞬間(音が出ない場合もありますが)原因が分かる事もあります。それぞれのアンプの故障の傾向もあるので似たような症状が重なるんですね。こちらも筐体を開...

06月16日 - ATELIER Z Cub Custom - スタンド修理

Repair of the DayATELIER Z Cub CustomアトリエZのアップライトベース。コンパクトで持ち運びにも便利で重さはたったの6.5kg!!スタンド部がボディ内に収めることが出来るので、使用後は短く(小さく)運べるのがポイントです。但しこのジョイント部分に重量と体重が掛かるので、スタンドシャフトを支えている駒が削れてしまい、シャフトを中に収められなくなってしまった との事。本体から駒を取り出して見ると、駒の円錐が削...

06月12日 - Schecter Diamond Series C1 - ピックアップ交換 Phat Cat

Guitar Repair of the DaySchecter Diamond Series C1 シェクターダイアモンドシリーズ。長らく弾いていなかったのでメンテナンスと同時に、ピックアップ、ポット、スイッチの交換依頼でした。今回載せるはダンカンのP90タイプ Phat Cat。ハムバッカーのサイズ仕様なので手軽に取り付け可能です。交換しようとエスカッションのネジを外そうと思ったのですが、かなり長い間放置していたようで錆びてネジ穴が潰れていました。こんな...

06月09日 - Technics SL-1210 - 塗装&LEDコントロール

Repair of the DayTechnics SL-1210 お客様お持ち込みのターンテーブルを、ペイント+LEDライト化+メンテナンスしました。フェイスプレートはメタリックの青に、LEDプラッターはリモコンで色を切り替え可能です。ピッチフェーダーも新品に交換。写真は明るい店内にて撮影していますが、実際のLEDのカラーは、暗いDJブースであればもっと明るいです。LEDカラーは12色。リモコン制御で単色からフェード効果、ストロボ効果など切り替え...

06月05日 - MORRIS W-60 - ネックヒーター調整

Guitar Repair of the DayMORRIS W-60 70年後期のモーリスのアコギです。スプルース単板、ローズサイド、マホガニーネック、アヴァロン細工仕様。鳴りはカラッとした明るい音でした。持ち込まれた時点でネックがかなり順反りになっており、トラスロッドも効かない状態。今回はネックヒーターにて対応しました。ネックの状態を見極めながら熱を加え、そのまま数日放置。ネックと指板の境目は、通常塗装が乗ってしますが、ネックの曲...

06月02日 - YAMAHA SA-700 - ネック折れ 塗装

Guitar Repair of the DayYAMAHA SA-700 ヤマハのセミアコ。長いこと弾いていない状態のまま購入したので、パーツ交換、メンテナンスの依頼。ただ店頭で状態を確認してみると、ネックにヒビ割れがありました。クラックの深さが分からなかったので、ボンドをエアーで流し込みます。しばらく固着してみましたが、思ったような強度にならず断念。補強材を入れ、凹みはパテ埋めを施す事に。亀裂の根本まで削ってみると、なんと以前にも...

05月29日 - Hartke HA2500 - アウトプットジャック交換

Amp Repair of the DayHartke HA2500ハートキーのベースアンプヘッド。スピーカーアウトのジャックが壊れてしまったようです。割れたのか、折れたのか、劣化で脆くなったのか?プラスティックならではの問題です。但しスピーカーアウトの部品なので、金属パーツを使用するとショートする恐れもあるので通常はプラスティックジャック、プラスティックナットを使用しています。今回のアンプはスタジオ常設だという事で、オーナーさん...