06月27日 - Lahaina UK-150 - ウクレレ ブリッジ剥がれ修理

Repair of the DayLahaina UK-150 ようやく梅雨明けした沖縄。今年はかなりまとまった量の雨が長く続き湿気の多い梅雨でした。梅雨明け後にアコースティック系などに多く見られるトラブルが、ブリッジ浮き、ブリッジ剥がれ、ボディの膨らみ・へこみ、などの木に関するトラブルです。この1週間の間に持ち込まれたリペアの殆どが、アコギ・ウクレレ等のブリッジトラブルでした。こちらのウクレレは離島からの依頼。ブリッジが綺麗に...

06月26日 - レディースルーム、スラットバンクス、セックスマシンガンズ in コザ

先週末は爆音の3日間でした。16歳の頃から世話になっている先輩たちの来沖ライブ。レディースルーム、スラットバンクス、セックスマシンガンズ in コザ。当時スラットのTUSK氏のやっていたバンドのお手伝い、お供をしながら10代を過ごしたので、このメンツが沖縄に、しかもコザで会うのは不思議な感じです。レディースルームの方々も25年ぶりとは思えないほどお変わりなかった。スラットのマネージャーさんは、僕が当時横浜でバン...

06月21日 - Technics SL-1200mk5 - 塗装、LED化

Repair of the DayTechnics SL-1200mk5 うちの常連さんで沖縄に20年以上も住んでいるアメリカ人のDJの方からの依頼。店頭にあったSL1200mk5ペアを再塗装、LED化、総メンテナンス。シルバーの筐体は全体をサンディングしてプライマー、車用の2液ウレタンでブラックに。台座、トーンアームもブラックにして、アームジョイント部は蓄光塗料で光ります。プラッター内部のLEDはリモコンで20色から制御可能。ピッチフェーダーは新品、ケ...

06月19日 - Roland JC-120 - オーバーホール

Amp Repair of the DayRoland JC-120 定番のローランド JC-120 ジャズコ。長いことライブハウスで使用されてきた個体で、ボリュームを絞った状態でもノイズが酷く、コーラス部も効かない状態。修理をしていて同じ機種のアンプを何台も扱ってみると、電源を入れて音を出した瞬間(音が出ない場合もありますが)原因が分かる事もあります。それぞれのアンプの故障の傾向もあるので似たような症状が重なるんですね。こちらも筐体を開...

06月16日 - ATELIER Z Cub Custom - スタンド修理

Repair of the DayATELIER Z Cub CustomアトリエZのアップライトベース。コンパクトで持ち運びにも便利で重さはたったの6.5kg!!スタンド部がボディ内に収めることが出来るので、使用後は短く(小さく)運べるのがポイントです。但しこのジョイント部分に重量と体重が掛かるので、スタンドシャフトを支えている駒が削れてしまい、シャフトを中に収められなくなってしまった との事。本体から駒を取り出して見ると、駒の円錐が削...

06月12日 - Schecter Diamond Series C1 - ピックアップ交換 Phat Cat

Guitar Repair of the DaySchecter Diamond Series C1 シェクターダイアモンドシリーズ。長らく弾いていなかったのでメンテナンスと同時に、ピックアップ、ポット、スイッチの交換依頼でした。今回載せるはダンカンのP90タイプ Phat Cat。ハムバッカーのサイズ仕様なので手軽に取り付け可能です。交換しようとエスカッションのネジを外そうと思ったのですが、かなり長い間放置していたようで錆びてネジ穴が潰れていました。こんな...

06月09日 - Technics SL-1210 - 塗装&LEDコントロール

Repair of the DayTechnics SL-1210 お客様お持ち込みのターンテーブルを、ペイント+LEDライト化+メンテナンスしました。フェイスプレートはメタリックの青に、LEDプラッターはリモコンで色を切り替え可能です。ピッチフェーダーも新品に交換。写真は明るい店内にて撮影していますが、実際のLEDのカラーは、暗いDJブースであればもっと明るいです。LEDカラーは12色。リモコン制御で単色からフェード効果、ストロボ効果など切り替え...

06月05日 - MORRIS W-60 - ネックヒーター調整

Guitar Repair of the DayMORRIS W-60 70年後期のモーリスのアコギです。スプルース単板、ローズサイド、マホガニーネック、アヴァロン細工仕様。鳴りはカラッとした明るい音でした。持ち込まれた時点でネックがかなり順反りになっており、トラスロッドも効かない状態。今回はネックヒーターにて対応しました。ネックの状態を見極めながら熱を加え、そのまま数日放置。ネックと指板の境目は、通常塗装が乗ってしますが、ネックの曲...

06月02日 - YAMAHA SA-700 - ネック折れ 塗装

Guitar Repair of the DayYAMAHA SA-700 ヤマハのセミアコ。長いこと弾いていない状態のまま購入したので、パーツ交換、メンテナンスの依頼。ただ店頭で状態を確認してみると、ネックにヒビ割れがありました。クラックの深さが分からなかったので、ボンドをエアーで流し込みます。しばらく固着してみましたが、思ったような強度にならず断念。補強材を入れ、凹みはパテ埋めを施す事に。亀裂の根本まで削ってみると、なんと以前にも...

05月29日 - Hartke HA2500 - アウトプットジャック交換

Amp Repair of the DayHartke HA2500ハートキーのベースアンプヘッド。スピーカーアウトのジャックが壊れてしまったようです。割れたのか、折れたのか、劣化で脆くなったのか?プラスティックならではの問題です。但しスピーカーアウトの部品なので、金属パーツを使用するとショートする恐れもあるので通常はプラスティックジャック、プラスティックナットを使用しています。今回のアンプはスタジオ常設だという事で、オーナーさん...

05月29日 - 高校生以下 ギター/ベース/アコギ 基本調整 無料!!

高校生以下 基本調整 無料!!初めてのギター新品のギター中古のギター譲ってもらったギター家に眠っていたギターなどなどどれもこれも、初めて使うには楽器全体の調整が必要です。ギター、ベース、アコギをお持ちの小学生、中学生、高校生の方ネック調整、ブリッジ調整、フレット磨き、弦交換(弦代別途)を無料 にて行いますよ!!初心者でセットアップがバラバラなまま練習しても、なかなか上手くならない、なんか弦高が高す...

05月26日 - Greco LP Standard Type - フレット交換

Guitar Repair of the DayGreco LP Standard Type グレコのレスポールタイプ。多分80年代初期の物だと思います。長いこと使っていなかったようで、フレットもほとんど残っていませんでした。今回はフレットの交換、ピックアップ交換、ナット交換、でした。写真のように、ほとんど高さの無い状態です。フレットを打ち直す際に一番大事なのが、指板上を均一にすること。フレットを抜いた後に指板上を正確に同じラジアス値になるよう...

05月22日 - Ernie Ball Music Man JPX-6 - ピックアップ交換

Guitar Repair of the DayErnie Ball Music Man JPX-6 ドリーム・シアターのジョン・ペトルーシモデル。常に進化し年々バージョンアップを続けているこのモデル。初めて弾きましたが、持った途端に思わず "うわー"。感動のクオリティ。ネックのフィット感、ステンレスフレットの精度、ピッチの正確さ、どのフレットもバラつきの無いコード感、ソロでの芯のあるハムサウンドから、綺麗な鈴鳴りのクリーンサウンドまで。正にドリーム...

05月19日 - Chaki P-100 - POT交換

Guitar Repair of the DayChaki P-100 国産のピックギター 茶木のP-100。配線の交換の依頼でした。TOPはスプルースですが、サイドはメイプルっぽい仕様です。乾いた抜けの良いサウンドが特徴ですね。セミアコ、フルアコ内の配線の場合、取り回しやステージ上での動きを考慮して、内部の配線が揺れてノイズを出さないように、POTのはんだ部が切れないように注意して配線していきます。編線シールドは収縮チューブにて外部を覆い、PO...

05月15日 - Martin D-42 - ネックヒーター調整

Guitar Repair of the DayMartin D-42 マーチンの中でも比較的低音に特徴のあるD-42。アヴァロンのインレイが施された豪華なモデル。今回はトラスロッドをいっぱいに締めてもネックが順反り状態で、3F付近は逆反り気味なケース。ネックヒーターを使ってプレスをかけてみます。弦高は12F付近で 5mmほどありました。ネックアイロンはネックの状態によって、プレスをかけるポイントを変えて挟み込みます。今回のように順反りの場合、...

05月11日 - Pioneer DJM-800 - ポット交換

Repair of the DayPioneer DJM-800パイオニアのDJミキサー。マスターのポットが壊れて回らない症状。ポットは新しいものに交換。と同時に、裏パネルのPhonoアース端子のネジが効かなく、固定出来なくなっておりました。アース端子はシャーシ側のネジ穴が広がっていたので、隣に穴を開けタップを切りました。内部もクリーニングして完了。ランキング クリック協力お願いします!!instagram インスタグラム 始めました!!フォロー...

05月08日 - Martin 000-28EC - ブリッジ剥がれ サイド割れ

Guitar Repair of the DayMartin 000-28EC マーチンのエリッククラプトンモデル。ブリッジが浮いてきたんですけど?との相談。店頭で状態を確認してみると、ブリッジの浮き、ボディトップの膨らみ、ボディのくびれ部分のバインディングの剥がれ、サイド板20cmほどの亀裂(割れ)、内部のブレイシングの剥がれ、がありました。サイドも段差が出るくらい歪んで亀裂が入っておりました。一口にブリッジの浮き といっても、接着が剥が...

05月02日 - SPREAD SOUND GWゴールデンウィークの営業のお知らせ

SPREAD SOUND GWゴールデンウィークの営業のお知らせGW期間中の営業は05月02日(火)11時より19時まで(通常業務)05月03日(水)11時より19時まで(通常業務)05月04日(木)11時より19時まで(通常業務)05月05日(金)11時より19時まで(通常業務)05月06日(土)休日05月07日(日)休日05月08日(月)11時より19時まで(通常業務)となります。宜しくお願いいたします。ランキング クリック協力お願いします!!instagram イ...

05月01日 - Dulcimer ダルシマー - ペグ交換

Repair of the DayDulcimer 大抵の弦楽器の修理を行っておりますが、お初 な楽器もまだまだあります。こちらの楽器はダルシマーという楽器で、アイルランド系の人々がアメリカに持ち込んで発達した楽器だそうです。これの持ち主のアメリカ人の方は、トラディッショナルなフォーク音楽に使用するらしく、関連のアーティストを聞いてもさっぱり存じ上げませんでした(笑)今回は合わせても合わせてもチューニングが合わないらしく、...

04月28日 - Fender Stratcaster - ネック交換 すり合わせ

Guitar Repair of the DayFender Stratcaster フェンダーのメイプル/ローズのネックから、杢の美しいノーブランドのオールメイプルネックへの交換依頼。ペグは移し替え希望だったのですが、新しい方のペグ穴はシャーラータイプのサイズだったので埋めなおしました。ナットも新しく製作しネックジグにてフレット研磨を行い作業完了。以前のネックに比べ物凄くサスティンが伸びて立ち上がりの早いサウンドになりました。ランキング ...

04月24日 - Ovation celebrity - ブリッジ浮き修理

Guitar Repair of the DayOvation celebrityアコギの修理依頼で一番多いのが、このブリッジ剥がれ。沖縄だからって事は無いと思いますが、とにかくこの時期は毎日毎日アコギが運ばれてきます。本土と沖縄の違いがあるとすれば、やはり潮風を含んだ外気と日中夜間の温度差が無いことだと思います。この時期は窓を開ければクーラーもいらず気持ちのいい風が入ってくるのですが、梅雨前とはいえ大量の潮を含んだ南風が吹くことも多い...

04月20日 - Fender '73 Stratocaster - ネックジグ すり合わせ

Guitar Repair of the DayFender '73 Stratocaster15周年のツアーを終えたオレンジレンジのNAOTOさんの73年製ストラト。アジアツアーが始まる前に引き渡し出来ました。今回の依頼は、ハイフレットの詰まりが酷いのと、POTのガリ、ナットのビビり等のメンテナンス。ネックジグにてフレット研磨、ナットは牛骨へ交換、ボリュームPOTはCTS製へ、ジャックはスイッチクラフト製のミリタリースペックへ。シリアルは73年製。指板はかなり...

04月17日 - Laney AOR Pro Tube Lead 100 - オーバーホール

Amp Repair of the DayLaney AOR Pro Tube Lead 100エフェクターやれアンプやれ、今の時代はネット上に回路図がゴロゴロ出回っていて、実際に本物の機種の音を聞いたこと、触ったことがなくとも、作れてしまう(動画で音を聞けてしまう)時代ですよね。便利になった半面、耳に残した記憶だけは新しく手に入れる事が出来ないので、当時の”本物”の音の再現には、本物の個体と当時の記憶が必要になります。今回のリペア依頼のアンプは...

04月11日 - Ibanez Promethean P3110D - POT交換、メンテナンス

Amp Repair of the DayIbanez Promethean P3110Dこの小ささで150Wも出るベースコンポアンプ。ガリが酷かったのでメンテを行いました。コンボの筐体から簡単にアンプ本体を取り外し出来ます。サイズは30cmほど、本当に小さいです。純正のコンボアンプのスピーカーは10インチスピーカー(8Ω)ですが、アンプ部を別のキャビネットで鳴らす事も可能です。但し、写真のような小さなFANのみなので、長時間大音量で使用する場合は、放熱に...

04月07日 - Rane Sixty-Two - フェーダー交換

Repair of the DayRane Sixty-Two Raneのミキサーで一番多い修理事例は縦・横フェーダーの不良。フェーダーの軸を固定するプラスティック部分が割れたり欠けたり軸が曲がったり等、修正出来ない場合は新品に交換していました。但し、このSixty-Twoも廃盤になってしまいパーツの入手が難しくなったので今後の交換受付は終了致しました。まだまだ交換用のフェーダーの在庫はあるのですが、県内の各クラブのミキサーの予備として予約...

04月03日 - Peavey 5150 - コンデンサー交換

Amp Repair of the DayPeavey 5150どのアンプも使用し始めてから ある程度の年数を経つと、何らかの不具合が出てきますよね。電気製品なのでパーツに電流を加えて負荷をかければ耐用年数を超えたパーツは劣化が始まります。年数と共に経年で自然劣化が始まるパーツ、負荷をかけてダメージが蓄積したもの、容量の無くなった物・・・ その中でも電解コンデンサーの寿命は、一般的に105℃ 2000時間 とされているものが多いです。アン...

03月31日 - Maton Guitars - プリアンプ修理

Guitar Repair of the DayMaton Guitars オーストラリア製のアコースティックギター。こちらはオールマホのカラッとしたサウンドが特徴のモデル。プリアンプ内蔵なのですが音が出たり出なくなったりとのこと。ピックアップはピエゾとコンデンサーマイクを合わせられるモデル。プリアンプオリジナルのようです。マイク部分を触るとブーンという大きなノイズが出ます。このプリのケーブルが珍しく、電話のモジュラーコネクタタイプで...

03月27日 - Fender Japan Telecaster - フレット、ナット交換

Guitar Repair of the DayFender Japan Telecaster少しガタついてきたフレットを研磨で無く交換(交換後の塗装はせずに)、とナット交換。メイプル指板の場合通常はフレット交換後にクリアーにて塗装を行うのですが、予算の都合や指板のやけた色味が気に入っているので塗装を希望しない方もいらっしゃいます。その場合、指板の歪みやバラつきを研磨せずにフレット交換を行わなければならないので、ギリギリまで指板上の塗装されて...

03月24日 - Paul Reed Smith Mira - ポット交換、ドータイト処理

Guitar Repair of the DayPaul Reed Smith Mira純正のピックアップからSuhrのAldrichに変えたけどTAPのPOTが壊れてしまったので再配線して欲しいという依頼でした。Aldrichは直流抵抗が17.5KΩとかなりハイパワーなモデル。ただスペック値よりも実際は分離が良い印象です。それでもクリーンサウンドにはTAPが必要、ということでスイッチ付きPOTを交換、再配線します。それと同時にピックアップキャビティ内に導電塗料を塗りノイズ処...

03月21日 - Fender Japan ST - Fender N3 Noiseless+S1スイッチ ピックアップ交換

Guitar Repair of the DayFender Japan ST Fenderのエントリーモデルでもピックアップを変えるだけでサウンドの幅がメチャメチャ広がる典型でした^^純正のピックアップからFender製のN3 Noiselessへ。多分某ショッピングサイトにおすすめレビューとして、このピックアップとS1スイッチの組み合わせが出ていたのを見ての依頼だと思います(今年3件目)。S1スイッチとは4回路12接点のスイッチですが、今回は5Wayのセレクターと組み...